PCLinuxOS の公式リポジトリの ibus-1.5.4 は正常動作しません

今までちゃんと書いていなかったので、改めて注意喚起の意味を込めて書いておきます。

現時点で公式リポジトリで提供されている ibus-1.5.4 は、パッケージング上の問題から正常動作しません。
但し、インストール後に下記のコマンドを実行してから再ログインすれば、動作するようになると思われます。

# dconf update
# gtk-query-immodules-2.0 --update-cache

この様な面倒を回避したいのであれば、fcitx を使用するか、拙作の野良リポジトリの ibus を使用するか、そのどちらかをお勧めします。

なお、PCLinuxOS で ibus, fcitx, uim を使用する場合の注意点について でも書いた様に、Localization Manager (addlocale) を用いて日本語化を行った環境では、必ず「入力メソッドの選択」を用いて ibus や fcitx の設定を行ってください。

PCLinuxOS | comments (8) | -

本日の野良リポジトリ (2014-08-19)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-1.15.1868.102-1
  • ソースを 1.15.1868.102 (r318) へ更新しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2014-08-15)

下記のパッケージを nora-test セクションに投入しました。

minitube-2.2-1.1
  • 翻訳ファイルが存在するにもかかわらずローカライズが行われないという不具合を修正する為に、独自にパッチを作成して当てています。これにより日本語表示される様になりました。

    正常にローカライズされた Minitube 2.2

  • オリジナルでは未翻訳の部分を独自に翻訳しています。但し、一部にかなり怪しい翻訳があります(汗

  • openSUSE からパッチを拝借してきて適用しています。

  • バックエンドには従来の phonon-gstream に替えて、公式パッケージと同様に phonon-vlc を使用する様にしました。(phonon-gstream を使用すると Minitube の動作の一部に不具合が発生するため)

  • 【注意】 phonon-gstream パッケージがインストールされている環境で使用した場合、動画が連続再生されずに同一の動画がリピートされ続けるという不具合が発生します。この場合には、phonon-gstream パッケージをアンインストールしてください。

PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2014-08-06)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

fonts-ttf-japanese-vlgothic-20140801-1
  • VLゴシックフォントを 20140801版 へ更新しました。
mozc-1.15.1856.102-1
  • ソースを 1.15.1856.102 (r303) へ更新しました。
  • 郵便番号データを2014年7月版へ更新しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -