Vine Seed (4.0 beta1 も?) のファイアーウォール

今日のアップデートで system-config-securitylevel が新規に来て、Vine でもファイアーウォールの設定が GUI で出来るようになりました。iptable とかって良く分からない私のような初心者には嬉しいパッケージです。

メニューには『セキュリティレベルとファイヤーウォールの設定』という名前で登録されています。

Vine 4.0 の Firewall

うん? これは 外→内 の設定だけみたいですね。

Vine | comments (0) | -

Vine Linux 4.0 beta1 リリース

やーーーーーーーーっと、beta1 がリリースされました。(^_^)

ISO イメージは下記ページから。
http://beta.vinelinux.org/

私は 4.0 リリースまでは現状の Vine Seed 環境を維持して、リリース後に 4.0 をクリーンインスコする予定。

【 追記 】

Vineメーリングリスト での Project Vine の鈴木氏の投稿より引用。

既知の問題としては以下のものが見付かって
おり、現在修正中です。今後のβバージョンで修正されます。

- GRUB がインストールされている場合にアップグレードで検出でき
  ない場合がある
- gnome-system-tools の boot-admin でイメージを追加できない

また、今回から FDD でのインストールは廃止になりました。CDROM
でのインストール、boot.iso により CD での起動、diskboot.img 
による USB メモリ等からの起動、pxeboot によりネットワークから
の起動のみが対象となります。
Vine | comments (0) | -

物事には…

優先順位とタイミングというものがある。今は色々な意味で好機なように思う。
グダグダと遅らせていると、折角の好機を逃してしまいそうな悪寒。

などと偉そうに言ってみるてすと(何

Vine | comments (0) | -

VMware Player 1.0.2 リリース

私は rpm 版を落としてきて 1.0.1 からバージョンアップを行いました。バージョンアップ後は、/usr/bin/vmware-config.plを実行して VMware Player の設定をし直す必要が有りました。

なお、VMware Player の設定作業については、1.0.1 では kernel が 2.6.15 以降の場合には、『Seed への VMware Player のインストール』 で書いたように vmware-any-any-update を別途ダウンロードしてきて、同梱されている runme.plを実行する必要がありました。

しかし、今回の 1.0.2 では kernel が 2.6.15 以降でも vmware-any-any-update は必要無く、/usr/bin/vmware-config.plの実行のみで設定を行えるようになっています。

仮想環境 | comments (0) | -

Adobe Rreader 7.0.8 リリース

Windows と Mac 用の 7.0.8 は既に6月にリリースされていたのですが、Linux 用もリリースされました。

Firefox 等のブラウザ用プラグインのインストールは、/usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Browser/下のinstall_browser_pluginスクリプトを実行するか、/usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Browser/intellinux/nppdf.soをブラウザの plugins ディレクトリへコピーします。

etc. | comments (0) | -