JD for Vine 4.2

(2008.09.21 初出)

Vine 用パッケージはもう作らないと言っていたのですが、知人から作成依頼を受けたこともあって、VMware Player 上の Vine で jd-2.0.2 のパッケージを作成したので置いておきます。

  • jd-2.0.2-1tomvl4.i686.rpm
  • jd-2.0.2-1tomvl4.src.rpm

--with-alsa オプション付きでビルドしています。

【 2008年10月1日 追記 】

コメント欄でハラダさんからお誘いを頂き、拙作のパッケージを Vine の公式リポジトリの extras カテゴリに put 致しました。既に公開されています。よって、このブログでの "野良ビルド" の公開は停止致しました。

なお、extars カテゴリのパッケージは Vine のデフォルト設定では読み込まれませんので、/etc/apt/sources.list に extars を追記してください。

rpm [vine] http://updates.vinelinux.org/apt/ 4.2/$(ARCH) main plus updates nonfree extras  
Vine | comments (5) | -

コメント

ハラダ | 2008/09/29 12:50 PM
はじめまして。ハラダと申します。

Vine LinuxのBTSに"JDの標準パッケージ化"という要望が上がってまして、色々探していてこちらにたどり着きました。
http://bts.vinelinux.org/guest.cgi?project=wishes&action=view_report&id=162

もし可能でしたらVine Plusにパッケージをpuしたりしてもらえないでしょうか?

もうVine向けは更新しない、と書かれているところに心苦しいのですが、パッケージを作ってくれる人が少なく苦労しているので、ご検討頂ければと思います。
tomcat | 2008/09/29 09:54 PM
ハラダさん、お声を掛けて頂きありがとうございます。
正直、かなり迷っています。
VinePLusにputするということは、自由気ままな野良ビルドとは異なり、多少なりとも責任を伴うものだと思っています。
Vineを常用していない、実環境にインストールしていない、そんな人間が作ったパッケージをputしても良いものなのでしょうか?
それに自分がVineを常用していないので、JDのバージョンアップをこの先もフォローしていくことが可能かどうかも怪しいところです。へたをすると、1回だけputして後は放置プレイ、などということになるやもしれません。
なので、putすることを躊躇っています。
ハラダ | 2008/09/30 11:46 PM
あの、正直それほど構えるようなことじゃないと思いますよ。Vine Plusへのputって。

私自身もBTSの要望対応でいくつかパッケージングしましたが、その後も継続してアップデートできてませんし(正直数が多くて無理なんですが;)、更新して欲しいという意見がBTSとかMLで出たら対応しようかな、くらいのスタンスで大丈夫だと思います。

とりあえずパッケージが有ると嬉しい、という誰かの要望に答えてあげられればまずは十分です。

もしこの先どこまでフォローできるか分からない、という時は初めからextrasにしますと宣言しておけばOKですし。
tomcat | 2008/10/01 08:13 PM
お言葉に甘えて、カテゴリ extras で put させて頂きました。
ハラダ | 2008/10/02 12:18 PM
put ありがとうございます。
無理言ってすいませんでした。

今後のアップデートは無理せず可能な範囲で十分ですので。

でも、余裕ができたら新しいパッケージを put してくれたりしちゃっても全然OKですから^^

コメント フォーム