メインの環境を Mageia 6.1 から 7 rc へ移行

Mageia 7 rc がリリースされました。

ISO イメージはライブ版とインストール版(Mageia では "クラシック インストール" と呼んでいる)の2種類が提供されています。
ライブ版は GNOME, Plasma, Xfce, の3つのデスクトップ環境が提供されています。インストール版は64bit版と32bit版の両方が提供されています。

32bit版のサポートを取り止めるディストリビューションが増えている中で、Mageia が32bit版のサポートを継続したことはちょっと意外でした。

ということで、メインの環境を 6.1 から 7 へ移行させました。無用なトラブルを避けるため、6.1 の環境を更新するのではなくて、インストール版を用いて新規に 7 rc をインストールしました。

インストールして気が付いた点などを日本語廻りを中心に下に書き連ねてみます。なおデスクトップ環境は Plasma 5 です。

---------------

日本語入力関係について。

  • デフォルトのインプットメソッドは従来と同様に ibus で、初期状態では ibus-mozc と ibus-anthy パッケージがインストールされています。

  • mozc のバージョンは Mageia 6.1 の 1.11.1522.102 というかなり旧いものから大幅に更新されて 2.23.2785.102 になっています。最新の 2.23.2815.102 でないのがちょっと残念。

  • mozc は ibus-mozc のみの提供で、emacs-mozc, fcitx-mozc, uim-mozc は提供されていません。

  • 初期状態では mozc-tools パッケージはインストールされていないので、ユーザーによるインストールが必要です。

  • anthy は Mageia 6.1 と同じで UTUMI さんの辞書の20110409版を用いてビルドしたものが提供されています。

  • ibus のバージョンは最新の 1.5.20 ですが、「IBus の設定」(ibus-setup) が日本語化されないというバグがあります。このバグへの修正はアップストリームには既に入っているので ibus の次のバージョンでは修正されますが、現状への応急的な対処方法としては、root 権限で下記を実行してください。

    # sed -i 's/${datarootdir}/\/usr\/share/' /usr/bin/ibus-setup
  • fcitx 関係は Mageia 6.1 の時と同様に、日本語入力に必要となる fcitx-anthy, fcitx-mozc, fcitx-skk, fcitx-kkc 等々のパッケージの提供はされていません。つまり公式パッケージを使う限りにおいては、現状では fcitx を用いての日本語入力は不可能です。

  • Plasma 5 の「システム設定」に fcitx の設定機能を追加する kcm-fcitx も提供されていません。

  • fcitx をインストールすると依存関係から locales-zh パッケージがもれなく付いてきます。

  • Mageia コントロールセンター の [システム] → [システムの言語を設定] では、インプットメソッドの選択肢に fcitx が存在しません。

  • 「ibus は嫌いだから fcitx を使いたい」という人は他のディストリビューションを選択した方が幸せになれると思います、多分。

  • libkkc 関係は Mageia 6.1 の時と同様に、一切提供されていません。

  • skk 関係も Mageia 6.1 の時と同様に skkdic 以外は提供されていません。

---------------

日本語環境でのデフォルトのフォントは Mageia 6.1 と同様に「源ノ角ゴシック(Source Han Sans)」が使用されています。

---------------

私の環境(CPU:A10-7800)では、初期状態では CPU のクロックは一応はステッピングしているものの、アイドル状態でも 2.3 - 3.0GHz 近辺で変動していて "高止まり" している感じでした。

そこで /etc/sysconfig/cpupower の 2 行目を下記のように修正して再起動するとアイドル状態では 1.4 - 1.8GHz 辺りで変動するようになって本来のステッピングになりました。

CPUPOWER_START_OPTS="frequency-set -g performance"
↓
CPUPOWER_START_OPTS="frequency-set -g ondemand"
Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2019-04-16)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-2.23.2815.102-6
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-11.20190401.1
  • Mageia の野良リポジトリに投入したものと同様に、新元号対応パッチを適用してビルドしました。
- | comments (0) | -

Mageia 6: 本日の野良リポジトリ (2019-04-16)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.23.2815.102-4
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-9.20190401.1
  • Debian の unstable に最近投入された mozc パッケージで当てられている 新元号対応パッチ を拝借してきて適用しました。
Mageia | comments (0) | -

メインの環境を PCLinuxOS から Mageia へ移行しました

2007年の夏に PCLinuxOS 2007 を初めて導入して以降、12年近くメインの OS として PCLinuxOS を使ってきましたが、この度、Mageia へ移行しました。現在 β2 段階の Mageia 7 が正式リリースされてからにしようかとも考えたのですが、待ち切れずに現行の 6.1 で移行してしまいました。7 が正式リリースされれば速やかに更新するつもりです。

Mageia は今までもリアル環境にインストールしてサブ的な OS として使ってきましたが、これからはメインの OS として使っていくことになります。PCLinuxOS は当面はサブ的な OS として使っていくつもりですが、将来的にはリアルな環境からは消えることになるかもしれません。

拙作の PCLinuxOS 用の野良リポジトリについては現状のまま維持し続けるつもりです。気が向けばパッケージの更新なども行うかもしれません。

一方の Mageia 6.1 用の野良リポジトリに関しては 7 のリリースまでは更新していくつもりですが、7 の野良リポジトリに付いては全くの未定です。

Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2019-03-12)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

ibus-1.5.20-2
  • ソースを 1.5.20 へ更新しました。
  • 最初にビルドした際に、"IBus の設定" が日本語表示されないという問題が出ました。調べたところ、"IBus の設定" を起動するシェルスクリプトである /usr/bin/ibus-setup で、環境変数 IBUS_LOCALEDIR が正しく設定されていない事が原因だと判りました。なぜこれが正しく設定されていなかったのかは不明です。

    取りあえず当面の回避策として、ビルドオプションの '--localedir' を新たに追加して明示的にロケールディレクトリを指定することにしました。

PCLinuxOS | comments (0) | -