Mageia 6: 本日の野良リポジトリ (2017-10-02)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.20.2677.102-5
mozc-neologd-ut-2.20.2677.102-7.20170925.1
uim-1.8.6-7.4.git20171001
Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-10-02)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-2.20.2677.102-6
  • 郵便番号のデータを2017年9月版へ更新しました。
  • uim-mozc パッケージの削除処理部分のスクリプトの記述ミスを修正しました。
  • 【注意】 uim-mozc パッケージがインストール済みの環境で今回のアップグレードを行った場合、uim での mozc モジュールの登録が解除されてしまいます。
    uim-mozc パッケージの再インストールを行うと mozc モジュールが再登録されます。
    これは前版の uim-mozc パッケージの削除処理部分のスクリプトに記述ミスがあったのが原因です。m(_ _)m
    今回のビルドでこの修正を行なったため、次回以降の更新ではこのような問題は発生しません。(多分)
mozc-neologd-ut-2.20.2677.102-8.20170925.1
  • ソースを 2.20.2677.102.20170925.1 へ更新しました。
  • パッチ適用済みソースを用いてビルドしています。
  • uim-mozc-neologd-ut パッケージの削除処理部分のスクリプトの記述ミスを修正しました。
  • 【注意】 uim-mozc-neologd-ut パッケージがインストール済みの環境で今回のアップグレードを行った場合、上述の uim-mozc パッケージと同様の問題が発生します。
    uim-mozc-neologd-ut パッケージの再インストールを行って問題を回避してください。
uim-1.8.6-18.git20171001
  • ソースを最新のリビジョンへ更新しました。
  • このリビジョンでは、「(実際には使用されていない)多数の uim-candwin-qt5 プロセスが実行されたままの状態になる」というバグを修正するためのパッチが取り込まれました。
    この修正によりこちらのエントリで書いた「Plasma 5 の起動直後に 20 以上の uim-candwin-qt5 プロセスが無駄に存在する」という "既知の問題" は解消されました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

Mageia 6: 本日の野良リポジトリ (2017-09-17)

下記のパッケージを投入しました。

fcitx-4.2.9.3-0.1
fcitx-qt5-1.1.1-0.1
fcitx-kkc-0.1.3-1
fcitx-anthy-0.2.3-1
fcitx-configtool-0.4.10-0.1
kcm-fcitx-0.5.5-1
gdouros-symbola-fonts-9.17-0.1
  • 全てソースの更新を行いました。
Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-09-16)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

fcitx-4.2.9.3-1
  • ソースを 4.2.9.3 へ更新しました。
fcitx-qt5-1.1.1-1
  • ソースを 1.1.1 へ更新しました。
  • BuildRequires に不足があったのを修正しました。
fcitx-skk-0.1.3-1
  • ソースを 0.1.3 へ更新しました。
fcitx-m17n-0.2.4-1
  • ソースを 0.2.4 へ更新しました。
fcitx-kkc-0.1.3-1
  • ソースを 0.1.3 へ更新しました。
fcitx-configtool-0.4.10-1
  • ソースを 0.4.10 へ更新しました。
fcitx-anthy-0.2.3-1
  • ソースを 0.2.3 へ更新しました。
kcm5-fcitx-0.5.5-1
  • ソースを 0.5.5 へ更新しました。
fonts-ttf-inconsolata-2.001-1
fonts-ttf-ricty-4.1.1-0.1b.1
  • fonts-ttf-inconsolata-2.001 を用いてフォントを生成するように変更しました。
  • パッケージの後処理部分(%posttrans セクション)で各ユーザーの環境上でフォントの生成を行います。(フォントの生成には 2-5 分程度かかります)
  • Ricty フォントの生成に使用されている Inconsolata フォント のライセンスの OFL 1.1 section 5 に従い、このパッケージによって生成された Ricty フォントの再配布は禁止となりますのでご注意ください。
fonts-ttf-ancient-symbola-9.17-1
  • Symbola フォントを 9.17 へ更新しました。
ibus-1.5.16-0.4.git20170915
  • ソースを最新のリビジョンへ更新しました。
ibus-qt-1.3.3-6.git20140501
  • openSUSE からパッチを1件拝借してきて適用しました。
  • 現在の環境でビルドエラーになっていたのを修正しました。
ibus-anthy-1.5.9-3
  • 現在の環境でビルドエラーになっていたのを修正しました。
ibus-m17n-1.3.4-2.2.git20141113
  • 現在の環境でビルドエラーになっていたのを修正しました。
m17n-db-1.7.0-0.2
  • アーキテクチャを noarch から x86_64 へ変更しました。
libskk-1.0.2-2.git20160610
  • ソースを最新のリビジョンへ更新しました。
lha-1.14i-15.1.git20161015
  • ソースの取得先を https://github.com/jca02266/lha へ変更し、最新のリビジョンでビルドし直しました。
  • 【注意】 バージョンナンバーの関係で、前版の 1.14iac20050924p1-3nora11 をインストール済みの環境では今回のパッケージが更新対象としてリストアップされません。一旦前版を削除した後に今回のパッケージをインストールしてください。m(_ _)m
PCLinuxOS | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-09-14)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

jd-2.8.9_170418-7
  • PCLinuxOS の System toolchain がアップグレードされたことによって旧版 (jd-2.8.9-5) が起動できなくなりました。これに対応するため当初は旧版を再ビルドしただけの jd-2.8.9-6 を投入しました。

    しかしその後、JD を新規にインストールした環境($HOME/.jd が存在しない環境)では、初期設定後の初起動時に JD の起動に失敗することが判明しました。

    そこでこの問題に対応するため、JD のソースを https://github.com/yama-natuki/JD/tree/test から取得した 2.8.9-170418 へ更新してビルドし直した jd-2.8.9_170418-7 を投入しました。

PCLinuxOS | comments (0) | -