メインの環境のハードウェアを更新した話

ちょっと奥さん、6コア12スレッドの新品 CPU が1万円ですってよ!


  • CPU: Ryzen 5 1600 AF
  • マザー: ASRock B450 Pro4
  • メモリー: G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB (8GBx2)

以上の3点を税込みで3万円を切る価格で購入しました。かなりコスパが高いと大いに自己満足しています(^_^)
上記以外のグラボやストレージは現用のものをそのまま流用しました。(現在のパーツ構成)

以下蛇足。

  • 購入したマザーの BIOS のバージョンは 3.10 でした。1600 AF のような Zen+ アーキテクチャの Ryzen を使用する場合にはこのバージョンで無問題ですが、 Zen2 アーキテクチャの第3世代の Ryzen には 最低でも3.20 以上のバージョンが必要のようなので、このマザーを買って第3世代の Ryzen を使おうかと考えている人は購入前にバージョンの確認をした方が良さそうです。

  • メモリーは型番からも分かる通りオーバークロックな DDR4-3600 での動作を謳う製品なのですが、私は 1600 AF のサポートする最高クロックの DDR4-2933 で動作させています。

  • ネジ止めの CPU クーラーは今回が初体験だったのですが、正直言ってこれはかなり面倒くさく感じました。慣れの問題かなぁ?

  • マザーを変更したので Windows 10 では再認証を求められました。


【 2020年6月6日 追記・訂正 】

ASRock のサイトの B450 Pro4 CPU 対応表 によれば、1600 AF の場合には BIOS のバージョンは 3.90 が必要と記載されています。ただ、私の環境ではマザーの購入時のバージョンの 3.10 のままでも 1600 AF は普通に起動して使えていました。(現在は 3.90 へ更新済みです)

ちなみに最近発売されて人気の Ryzen3 3300X と 3100 は、最新の 4.10 が必要のようです。

B450 Pro4 CPU 対応表

etc. | comments (0) | -

Mageia 7: 本日の野良リポジトリ (2020-05-22)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.23.2815.102-7
  • mozc に必要となる protobuf は、今までは別途取得したソースを使用していましたが、今回からは Mageia で提供されているパッケージを使用するように変更しました。
  • 依存関係の記述不足が原因で、「zinnia のライブラリがインストールされていない環境では mozc のツールが起動できない」という問題を修正しました。
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-17.20200514.1
  • mozc パッケージと同様の変更・修正を行いました。
  • Mozc NEologd UT 辞書を 20200514.1 版へ更新しました。
Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 昨日の野良リポジトリ (2020-04-18)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.23.2815.102-12
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-23.20200315.1
  • 依存関係の記述不足が原因で、「zinnia のライブラリがインストールされていない環境では mozc のツールが起動できない」という問題を修正しました。
setime-3.0-1
  • scim 及び scim-bridge のサポートを中止しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

Mageia 7: 本日の野良リポジトリ (2020-01-25)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.23.2815.102-5
  • python 3 対応パッチを更新し、こちらのエントリーで書いた Fedora 31 で使用されているものに少し変更を加えて適用しました。
  • ビルドディレクトリのルートで ln -s /usr/bin/python3 python としてシンボリックリンクを張り、その python の位置を PATH の先頭に追記するという処理を追加することで、上記のパッチを適用した際のビルドエラーを回避しています。
  • protobuf は従来は mozc のソースに同梱のものを使用してビルドしていましたが、今回から別途取得したもの (ver.3.7.1) を使用してビルドしています。
  • gyp は前回のビルドでは Mageia のリポジトリで提供されているものを使用しましたが、今回は最新のリビジョンを別途取得してきて使用しています。
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-11.20191230.2
  • mozc パッケージと同様の変更を行っています。
Mageia | comments (0) | -

Mageia 7: 昨日・今日の野良リポジトリ (2020-01-18)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.23.2815.102-4
  • 郵便番号のデータを2019年12月版に更新しています。
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-10.20191230.2
  • Mozc NEologd UT 辞書を 20191230.2 版へ更新しています。
  • Mozc NEologd UT 辞書の提供形態が変更になったため、ビルド方法を少し変更しました。
jdim-0.3.0-1
  • ver.0.3.0 へ更新しました。(0.3.0 の主な変更点)
  • 今回から従来の GTK2 に替えて GTK3 を用いてビルドしています。
  • 【注意】0.3.0 からデフォルトのキャッシュディレクトリの位置が $HOME/.cache/jdim に変更されています。但し $HOME/.jd が存在する場合には、そちらが優先使用されます。
Mageia | comments (0) | -