convmv for PCLinuxOS

野良ビルド用リポジトリ からインストール出来ます。

PCLinuxOS | comments (0) | -

Google Earth 5.0 Beta

海底のデータも追加されたと話題になっている Google Earth の新しいバージョンを私の環境に入れてみました。

(1) openSUSE 11.1 x86_64 の場合

起動はするものの、下図の様に日本語が全く表示されません。

Google Earth 5.0 で日本語が表示されない

ネット上で調べてみたところ、Google Earth のインストール先ディレクトリ下の下記の3つのファイルをリネーム(または削除)すれば良いとの情報を得ました。

  • libQtCore.so.4
  • libQtGui.so.4
  • libQtNetwork.so.4

ただし、x86_64 環境の場合、下記の2つの32bit版パッケージがシステムにインストールされている必要があります。

  • libqt4-32bit
  • libqt4-x11-32bit

で実際にやってみたところ、無事に日本語が表示できるようになりました。

Google Earth 5.0 で日本語が表示された

(2) Mandriva 2009.0 x86_64 の場合

起動時、下記のエラーが出て止まりました。

./googleearth-bin: symbol lookup error: /usr/lib/libssl.so.0.9.8: undefined symbol: EVP_camellia_128_cbc

これは Google Earth のインストール先ディレクトリ下の libcrypto.so.0.9.8 をリネーム(または削除)することで回避できました。

しかし、起動しても openSUSE の場合と同様に日本語が表示されません。なので、openSUSE の場合と同じく、libQtCore.so.4 / libQtGui.so.4 / libQtNetwork.so.4 の3つのファイルをリネーム(または削除)してから起動すると、無事に日本語が表示されました。

なお、下記の3つのパッケージがシステムにインストールされている必要があります。

  • libqtcore4
  • libqtgui4
  • libqtnetwork4

(3) PCLOS 2007 の場合

こちらもやはり日本語が表示されません。なので、libQtCore.so.4 / libQtGui.so.4 / libQtNetwork.so.4 の3つのファイルをリネーム(または削除)しました。PCLOS 2007 では、下記の3つのパッケージが必要となります。

  • libqtcore4
  • libqtgui4
  • libqtnetwork4

で、起動してみたのですが、今度は下記のエラーが出て止まります。

./googleearth-bin: symbol lookup error: ./libQtWebKit.so.4: undefined symbol: _ZTV24QXmlStreamEntityResolver

ならばと、PCLOS 2007 の libQtWebKit0 パッケージをインストールした上で、Google Earth インストール先ディレクトリ下の libQtWebKit.so.4 をリネーム(または削除)して起動してみました。

ところが、今度は下記のエラーが出ました。

./googleearth-bin: error while loading shared libraries: libQtWebKit.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory

はて? と思って調べてみたら、PCLOS 2007 の libQtWebKit0 パッケージには、libQtWebKit.so.0 しか含まれていません。多分、libQtWebKit をバージョンアップすれば良いのだろうとは思いますが、今回はそこまでするモチベーションは無く、PCLOS 2007 での Google Earth 5.0 Beta の使用は断念しました。orz

openSUSE | comments (0) | -

PCLinuxOS 2009 Beta 3 リリース

VMware Player 上で試用してみましたが、大規模アップデート後の現在の 2007 と大差無い感じです。カーネルに至っては、2007 の方がバージョンが上(2.6.27.13)だったりします。うーん、この Beta 3 の意味があるのかどうか、私にはよく分からんです。

PCLinuxOS | comments (0) | -

PCLinuxOS 2007 に大規模アップデート

今回の大規模アップデートは、今までリポジトリの testing カテゴリに在った(2009 Beta 2 向けと私が勝手に思っていた)多数のパッケージが、main kde nonfree extra gnome の各カテゴリに分散・移動したものです。この内、gnome カテゴリは今までは無かったもので、今回のアップデートに合わせて新設されました。2007 の方ではもう大きなアップデートは無いと思っていたので、リポジトリの構成を変更してまで今回のアップデートを行ったことにはちょっと驚きました。

今回のアップデートで、kernel は 2.6.27.13 、KDE は 3.5.10 、gnome は 2.24 、OpenOffice は 3.0 となりました。このアップデートを行うと事実上 PCLinuxOS 2009 Beta 2 とほぼ同等の内容となるわけで、「ここまで大きなアップデートをするのならば、いっその事 PCLinuxOS 2009 としてリリースしてしまえば良いのに」と個人的には思いました。と言うか、2007 がここまでアップデートされると、「2009 の方はどうなるの?」という疑問が…

ま、そんなこんなで、以下、私がアップデートを行った様子をうだうだと書き留めておきます。

  1. Synaptic で「再読込」を実行
  2. synaptic パッケージ(及びそれに関連するパッケージ)のみを先にアップデート
  3. Synaptic を再起動し、「再読込」を実行 ← 今回新設された gnome カテゴリの内容を読み込ませる為
  4. 「全てアップグレード」を行い、「適用」を実行
  5. パッケージのダウンロードは全て完了するも、インストール段階で下図のエラーが出て止まる
    PCLOS 2007 大アップデート時の Synaptic のエラー
  6. Synaptic を終了
  7. コンソールを起動し下記を実行
    # apt-get dist-upgrade
  8. アップデート完走
  9. システム再起動

この段階ではカーネルはまだ旧バージョンの 2.6.22.17 ままなので、Synaptic で kernel-latest パッケージをインストール。(依存関係で kernel-26.27.13.tex1 がインストールされます)そして新カーネルでシステムを再起動。

これでアップデートは全て完了となるはずなのですが、私の環境では新カーネルでのブート途中で kernel panic で止まりました。これは新カーネルでは、/dev/hdX が /dev/sdX として扱われることが原因です。IDE の HDD や SATA の HDD を IDE 互換モードで使っている環境では起きる可能性があります。この問題には次の手順で対処しました。

  1. システムを旧カーネルで起動
  2. コンソールで下記を実行
    # cd /boot
    # mkinitrd -v -f /boot/initrd-2.6.27.13.tex1.img 2.6.27.13.tex1
  3. /etc/fstab 及び /boot/grub/menu.lst で、/dev/hdX と記述されている部分を /dev/sdX へと変更
  4. システムを新カーネルでリブート

これで無事に新カーネルで起動しました。

なお蛇足ながら、今回のアップデートで 2007 が 2009 Beta 2 相当になったということで、このブログで 2009 Beta 2 向けとして公開させて頂いている拙作の各パッケージは、今回のアップデート済みの 2007 でも使用可能ということになりました。

PCLinuxOS | comments (0) | -