Mageia 5 (x86_64) の野良リポジトリを作成しました

【野良リポジトリの追加方法】

ターミナルで下記を実行する。

# urpmi.addmedia --update 'nora release' http://tomcat.nyanta.jp/linux/Mageia/repo/5/x86_64/media/nora/release 

GUI で行う場合の手順は以下のとおり。

  1. デスクトップのメニューから「RPM をインストール/アンインストール」を選択して 『ソフトウェアの管理(rpmdrake)』 を起動する

  2. [オプション(O)] から [メディアマネージャ(M)] を選択する。
    Mageia 野良リポジトリ登録 (1)

  3. 『メディアマネージャ(メディアを設定)』の [ファイル(F)] から [カスタムメディアを追加(A)] を選択する。
    Mageia 野良リポジトリ登録 (2)

  4. 『メディアを追加』のダイアログで下記のように設定する。
    Mageia 野良リポジトリ登録 (3)

    • メディアの種類: HTTP サーバ
    • メディアの名前: nora release
    • URL: http://tomcat.nyanta.jp/linux/Mageia/repo/5/x86_64/media/nora/release
    • 「このメディアを更新メディアと見なす」にチェックを入れる
  5. [OK] をクリックして『メディアを追加』を閉じる。

  6. 『メディアマネージャ』に戻ると最後尾に野良リポジトリが登録されている。
    Mageia 野良リポジトリ登録 (4)

  7. [OK] をクリックして『メディアマネージャ』を閉じる。


【パッケージ一覧】

本日現在、野良リポジトリに置いているパッケージは下記の通りです。

[公式リポジトリには存在しないもの]
  • fcitx-anthy-0.2.2-1
  • fcitx-configtool-0.4.8-1
  • fonts-otf-japanese-ipaex-00301-1
  • fonts-otf-japanese-ipafont-00303-1
  • fonts-ttf-japanese-ipamona-20080427-1
  • fonts-ttf-japanese-migmix-20150712-1
  • fonts-ttf-japanese-migu-20150712-1
  • fonts-ttf-japanese-vlgothic-20141206-1
  • jd-2.8.9-2
  • kcm-fcitx-0.4.3-2
  • mozc-neologd-ut-2.17.2313.102-2.20160114.2
  • setIM-mga-0.95.1-1
  • sylfilter-0.8-2
[公式パッケージより新しいバージョンでビルドしたもの]
  • fcitx-4.2.9.1-1
  • fonts-ttf-japanese-0.20150917-1
  • gdouros-symbola-fonts-8.00-0.1
  • ibus-1.5.11-2
  • ibus-anthy-1.5.7-2
  • libxkbcommon-0.5.0-1
  • mozc-2.17.2313.102-2

【お約束】

この野良リポジトリ下の各パッケージは、私 tomcat が個人的にビルドしたいわゆる野良パッケージであり、Mageia プロジェクトが配布しているものではありません。

これらの野良パッケージの使用は各ユーザーの完全なる自己責任で行ってください。これらの野良パッケージを使用した結果についても私は一切の責任を負いません。

上記の点に付いてご理解頂けない方は、この野良リポジトリの使用はご遠慮ください。

【追記】

各野良パッケージは KDE 環境上でしか動作確認を行っていません。

Mageia | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム