PCLinuxOS 2010 の scim-bridge で日本語入力が出来ない時の対処法

私の環境固有の問題かもしれませんが、テスト目的で KDE 版や GNOME 版を使ってインプットメソッドを取っ替え引っ替えしていると、scim-bridge で日本語入力が出来なくなるトラブルに時々遭遇します。そんな時の我流の対処法をちょっとメモしておきます。(過去のエントリの内容と重なる部分も有りますが、まとめのメモということで)

前提条件としては、scim-bridge, scim-bridge-qt4 等のパッケージがインストールされていて、コントロールセンターの「システム」→「システムの言語を設定」から入力メソッドに scim-bridge を選択していること。

(0) /etc/sysconfig/i18n を修正してみる (その 1)

/etc/sysconfig/i18n の
QT_IM_MODULE=scim-bridge
を、
QT_IM_MODULE=xim
へ変更してシステム再起動。

これで解決しない場合は (0.5) へ。


(0.5) /etc/sysconfig/i18n を修正してみる (その 2)

/etc/sysconfig/i18n の
QT_IM_MODULE=*******
の行頭に # を付加してこの行をコメントアウトして 再ログイン システム再起動。

これで解決しない場合は (1) へ。


(1) /etc/sysconfig/i18n を修正してみる (その 3)

/etc/sysconfig/i18n の設定が、
XIM_PROGRAM=scim-bridge
となっている場合には、
XIM_PROGRAM="scim -d"
と修正して再ログイン。

これで解決しない場合は (2) へ。


(2) ~/.bash_profile の余分な記述を削除してみる

日本語化を行う際に使用した addlocale によって ~/.bash_profile に追記された余分な記述を削除してみる。

KWrite 等のテキストエディタで ~/.bash_profile を開き、下図で示した # [added_by_addlocale] 以降の部分をざっくり削除して再ログイン。

addlocale によって追記された部分

これで解決しない場合は (3) へ。


(3) ユーザのホームディレクトリ直下に .18n ファイルを作成してみる

/etc/sysconfig/i18n を .i18n としてユーザのホームディレクトリ直下にコピー。
$ cp /etc/sysconfig/i18n ~/.i18n

/etc/sysconfig/i18n の内容が影響しない様に /etc/sysconfig/i18n から下記の行を削除、または、コントロールセンターの「システム」→「システムの言語を設定」から入力メソッドに「なし」を選択。

GTK_IM_MODULE=scim-bridge
QT_IM_MODULE=scim-bridge
XIM_PROGRAM="scim -d"
XMODIFIERS="@im=SCIM"

システム再起動。
多くの場合はこれで解決します。この方法の欠点は、ユーザ毎に設定を行う必要が有ること。

それでも解決しない場合には (4) へ。


(4) ~/.bash_profile にインプットメソッドの設定を記述してみる

KWrite 等のテキストエディタで ~/.bash_profile を開き、下に示した設定を追記。

export XIM=SCIM
export XIM_PROGRAM="scim -d"
export XMODIFIERS="@im=SCIM"
export GTK_IM_MODULE=scim-bridge
export QT_IM_MODULE=scim-bridge

(3)で作成した ~/.i18n ファイルをリネームまたは削除して再ログイン。


これでも未だ解決しない場合には........ わかりません。orz
scim-bridge を捨てて uim を使いましょう(ヲイ

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム