本日の野良リポジトリ (2013-11-14)

下記のパッケージを nora セクションから削除しました。

apt-0.5.15lorg3.95-5.2
choqok-1.4-0.1
kde-gtk-config-2.2.1-1
synaptic-0.57.2-23.2

choqok と kde-gtk-config は公式パッケージが最新版へ更新されました。また apt と synaptic は、公式パッケージに野良パッケージと同等のパッチなどが適用されました。

なお64bit版の公式リポジトリには新たに convmv が投入されていますが、32bit版には未だ来ていません(アップのし忘れか?) 32bit版の公式リポジトリに convmv が投入され次第、野良リポジトリから convmv を削除する予定です。


ちなみに公式パッケージの synaptic の changelog には下記の記述があります。(*^_^*)

* Wed Nov 13 2013 pinoc  0.57.2-24pclos2013
- fixed BR for 32/64
- added Japanese language support (thanks to tomcat)
- added fixes from Vine Linux
- add build option '--with-pkg-hold'

また、convmv の changelog にも下記の記述があります。(*^_^*)

* Wed Nov 13 2013 pinoc  1.15-1pclos2013
- imported from tomcat
PCLinuxOS | comments (3) | -

本日の野良リポジトリ (2013-10-28)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

apt-0.5.15lorg3.95-5.2
  • 現在の環境でビルドするとエラーが出るため、Vine からパッチを1件拝借してきて適用して再ビルドしました。
synaptic-0.57.2-23.2
  • apt-0.5.15lorg3.95-5.2 を用いて再ビルドしました。
gtk+2.0-2.24.22-1.4
  • -devel+ というサブパッケージを新設し、前版で -devel に含まれていた *.la ファイルを移動させました。なお現在の公式の gtk+2.0 の -devel パッケージには、そもそも *.la ファイルが含まれていません。

また下記のパッケージでは、ビルドに必要なパッケージ名の追加や修正を行っています。

jd-2.8.6-4
gmtk-1.0.8-1.1
ibus-1.5.1.is.1.4.2-5
ibus-kkc-1.5.18-2
scim-1.4.14-4
uim-1.8.6-3
gksu-2.0.2-2.5 (32bit版のみ)
libgksu-2.0.12-1.6 (32bit版のみ)

----------------------------------------


下記のパッケージを nora-br セクションに投入しました。

atk1.0-2.8.0-1.1
libxau-1.0.8-1.2
gdk-pixbuf2.0-2.27.0-2.1
libxdmcp-1.1.1-1.2
glibmm2.4-2.32.1-1.2
libxrender-0.9.8-1.2
libgpg-error-1.12-1.1
pango-1.30.0-2.2 (64bit版のみ)
libjpeg-1.3.0-2.1
pixman-0.30.0-1.2
libx11-1.6.2-1.2

それぞれのパッケージで *-devel+ というサブパッケージを新設し、従来は *-devel に含まれていた *.la ファイルをそちらへ移動させました。なお、これらの *.la ファイルは特定のパッケージをビルドする際にのみ必要となるもので、通常は nora-br セクションを有効にする必要はありません。

PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2013-02-06)

下記のパッケージを32bit版向けの nora-test セクションに投入しました。

libgee-0.6.7-0.2
  • 生成されるパッケージ名を64bit版と揃えました。( libgee ⇒ libgee2 )
libkkc-0.1.2-2
  • libgee-0.6.7-0.2 を用いてリビルドしました。
  • libgee に関する依存パッケージ名の修正を行ないました。
libkkc-data-0.1.0-2
  • libkkc-0.1.2-2 を用いてリビルドしました。
ibus-kkc-1.5.5-2.git_941cb1e
  • ソースを更新しました。
  • libkkc-0.1.2-2 を用いてビルドしました。
  • KDE のメニューの「その他のアプリケーション」→「設定」下に ibus-kkc の設定ツールが正しく登録されていなかったのを修正しました。

---------------------------------------------

64bit版向けにも nora-test セクションを新たに設け、下記のパッケージを投入しました。パッケージの内容は32bit版向けと同様です。

ibus-kkc-1.5.5-2.git_941cb1e
libkkc-0.1.2-2
libkkc-data-0.1.2-2
marisa-trie-0.2.1-1
skkdic-20130205-1.T1538
skktools-1.3.2-1
synaptic-0.57.2-23.1

---------------------------------------------

64bit版向けの nora セクションに下記のパッケージを投入しました。

mozc-1.6.1187.102-7
gmtk-1.0.7-0.2
gnome-mplayer-1.0.7-0.2
  • 既に32bit版向けに提供していた 1.0.7 を、64bit版向けにも投入しました。

---------------------------------------------

64bit版向けの nora セクションから下記のパッケージを削除しました。(公式パッケージと被るため)

kasumi
scim-anthy
scim-bridge
scim-bridge-gtk
scim-bridge-qt4
file-roller
gmtk-1.0.6-1.1
PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2012-11-23)

下記のパッケージを nora-test セクションへ投入しました。(32bit版向けのみ)

apt-0.5.15lorg3.95-5.1
  • synaptic をビルドする際に必要となる libapt-pkg0-devel が公式リポジトリには何故か存在しないのでリビルドしました。
synaptic-0.57.2-23.1
  • パッケージのバージョンを固定する機能を有効にしてビルドしています。
  • Vine Linux から日本語翻訳ファイルとパッチ(クラッシュバグ修正を含む)を6件拝借してきて適用しています。

公式リポジトリに最新版が投入された為、下記のパッケージを野良リポジトリから削除しました。

sylpheed-3.3.0-0.2
xfce4-weather-plugin-0.7.4.1-1.1

【 Synaptic のバージョン固定機能について 】

今回投入した synaptic では、パッケージのバージョンを固定する機能が使える様になっていて、下図の様に Synaptic のメニューの「パッケージ」下に「バージョンの固定」という項目が追加されています。

Synapticバージョン固定機能

何らかの理由でバージョンを固定したい(アップグレードしたくない)パッケージが有る場合、パッケージを選択してこの「バージョンの固定」にチェックを入れると、以後はそのパッケージはアップグレードの対象から外れます。「インストール済(アップグレード可能)」の一覧にも表示されなくなります。

バージョンが固定されたパッケージは、下図の様に表示されます。

バージョンが固定されたパッケージ

図では判り難いですが、インストール済のマークの所に鍵印が付加され、(デフォルトの配色では)背景色がグレーとなります。

バージョンの固定を解除したい場合には、パッケージを選択して「バージョンの固定」のチェックを外せばOKです。

PCLinuxOS | comments (0) | -