PCLinuxOS 2017.11 リリース

去る11月12日、2017.11 がリリースされました。フォーラムでのリリースアナウンスは出ていませんが、pclinuxos.com での KDE DesktopMate Desktop のページの内容が 2017.11 になっているので、事実上リリースされたと判断しました。

ただ、この 2017.11 にはインストール時にちょっと注意すべき問題があります。

それは /usr を別パーティションにしてインストールした場合、インストール後の再起動時に libreadline.so.7 を見付けられずに起動が停止してしまいます。(フォーラムでの関連投稿

これは 2017.11 で使用されている lib64readline7-7.0-1pclos2017 パッケージで提供されているファイルの配置場所に問題があるためで、リポジトリの方では修正済みの lib64readline7-7.0-2pclos2017 が既に配布されています。

この問題を回避するには、/usr を別パーティションにしないでインストールするのが一番簡単だと思います。

しかしどうしても /usr を別パーティションにしてインストールしたいという場合には、LiveCD 上で Synaptic 経由で lib64readline7 を lib64readline7-7.0-2pclos2017 に更新した状態でインストールを行えば、この問題を回避することができます。

この問題があるために、12日公開された ISO イメージは lib64readline7 を更新したものへと差し替えられるのではないか、それ故にフォーラムでのリリースアナウンスが遅れているのではないかと私は推測していたのですが、どうやらそのままのようです。

PCLinuxOS | comments (0) | -

Mageia 6: 本日の野良リポジトリ (2017-10-03)

下記のパッケージを投入しました。

jd-2.8.9_171003-5
  • ソースを 5ちゃんねる に対応した jd-2.8.9-171003 へ更新しました。
Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-10-03)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

jd-2.8.9_171003-8
  • ソースを 5ちゃんねる に対応した jd-2.8.9-171003 へ更新しました。
  • 【蛇足】今更ですが、2015年の 2ちゃんねる への API の導入以降、jd のように API に対応していない専ブラはそのままでは掲示板を読むことが出来なくなりました。
    そのためユーザーさんはそれぞれに何らかの回避策を取っていると思いますが、私は 2chproxy.pl を使用しています。
PCLinuxOS | comments (0) | -

Mageia 6: 本日の野良リポジトリ (2017-10-02)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.20.2677.102-5
mozc-neologd-ut-2.20.2677.102-7.20170925.1
uim-1.8.6-7.4.git20171001
Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-10-02)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-2.20.2677.102-6
  • 郵便番号のデータを2017年9月版へ更新しました。
  • uim-mozc パッケージの削除処理部分のスクリプトの記述ミスを修正しました。
  • 【注意】 uim-mozc パッケージがインストール済みの環境で今回のアップグレードを行った場合、uim での mozc モジュールの登録が解除されてしまいます。
    uim-mozc パッケージの再インストールを行うと mozc モジュールが再登録されます。
    これは前版の uim-mozc パッケージの削除処理部分のスクリプトに記述ミスがあったのが原因です。m(_ _)m
    今回のビルドでこの修正を行なったため、次回以降の更新ではこのような問題は発生しません。(多分)
mozc-neologd-ut-2.20.2677.102-8.20170925.1
  • ソースを 2.20.2677.102.20170925.1 へ更新しました。
  • パッチ適用済みソースを用いてビルドしています。
  • uim-mozc-neologd-ut パッケージの削除処理部分のスクリプトの記述ミスを修正しました。
  • 【注意】 uim-mozc-neologd-ut パッケージがインストール済みの環境で今回のアップグレードを行った場合、上述の uim-mozc パッケージと同様の問題が発生します。
    uim-mozc-neologd-ut パッケージの再インストールを行って問題を回避してください。
uim-1.8.6-18.git20171001
  • ソースを最新のリビジョンへ更新しました。
  • このリビジョンでは、「(実際には使用されていない)多数の uim-candwin-qt5 プロセスが実行されたままの状態になる」というバグを修正するためのパッチが取り込まれました。
    この修正によりこちらのエントリで書いた「Plasma 5 の起動直後に 20 以上の uim-candwin-qt5 プロセスが無駄に存在する」という "既知の問題" は解消されました。
PCLinuxOS | comments (0) | -