PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2016-08-16)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-2.18.2556.102-1
  • ソースを 2.18.2556.102 へ更新しました。
  • 郵便番号データを2016年7月版へ更新しました。
  • Mozc のビルドで必要となる clang が PCLinuxOS では最近になって 3.8.1 へ更新されましたが、これを用いた場合にビルドエラーが発生します。これを回避するために今回のビルドでは、clang に替わって gcc を使用するように修正するパッチを適用しています。
mozc-neologd-ut-2.18.2556.102-1.20160815.1
  • ソースを 2.18.2556.102.20160815.1 へ更新しました。
  • パッチ適用済みソースを用いてビルドしています。
  • mozc パッケージと同様に、clang に替わって gcc を使用するように修正するパッチを適用しています。
fonts-ttf-ancient-symbola-9.00-1
  • Symbola フォントを 9.00 へ更新しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

Mageia 5: 本日の野良リポジトリ (2016-08-16)

下記のパッケージを投入しました。(64bit版のみ)

mozc-2.18.2556.102-1
  • ソースを 2.18.2556.102 へ更新しました。
  • 郵便番号データを2016年7月版へ更新しました。
mozc-neologd-ut-2.18.2556.102-1.20160815.1
  • ソースを 2.18.2556.102.20160815.1 へ更新しました。
  • パッチ適用済みソースを用いてビルドしています。
gdouros-symbola-fonts-9.00-0.1
  • Symbola フォントを 9.00 へ更新しました。
skkdic-20160515-1
  • skk 辞書を 20160515 版へ更新しました。
Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 野良リポジトリ近況

昨日、下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

ibus-1.5.14-1
  • ソースを 1.5.14 へ更新しました。
  • 1.5.14 で新たに実装された emoji-dict 機能ですが、ビルドに必要な nodejs 関連のパッケージが PCLinuxOS では一切提供されていない等の理由により、今回はこの機能は無効にしてビルドしています。

この他、前回の更新記事以降にも幾つかのパッケージを投入しています。そのほとんどはソースの更新です。

一方、公式リポジトリに存在しないために、新たに投入したパッケージは下記の2件です。

fcitx-qt5
  • Fcitx の Qt5 用モジュールです。
kcm5-fcitx
  • Fcitx の設定を Plasma 5 の「システム設定」上で行う為のモジュールです。Plasma 5 を採用した Preview 版が公開されたことを受けて新たに作成しました。
    当然ですが KDE4 環境にはインストールできません。(KDE4 環境では kcm-fcitx を使用してください)

なお、公式リポジトリにおいて32bit版のサポートが事実上停止されたことから、拙作の野良パッケージも64bit版のみの提供とさせて頂きます。

PCLinuxOS | comments (0) | -

最近の PCLinuxOS に関する簡単なまとめ(的なもの)

  • 事実上32bit版のサポートは停止された模様。5月末以降、32bit版のパッケージの更新は全くありません。また5月末以降に配布された ISO イメージも、公式版・コミュニティー版ともに全て64bit版のみです。

  • 7月初頭に pclinuxos64-mate-2016.07.iso が公開されました。

  • コミュニティー版では、7月初頭に下記の各 ISO イメージが公開されました。

    • community-pclinuxos64-lxde-2016.07.iso
    • community-pclinuxos64-lxde-mini-2016.07.iso
    • community-pclinuxos64-xfce-2016.07.iso
    • community-pclinuxos64-xfce-mini-2016.07.iso
  • デスクトップ環境に KDE Plasma 5 を採用した Preview 版が公開されています。KDE3 から KDE4 への移行時にそうであったように、PCLinuxOS はメインのデスクトップ環境である KDE のメジャーバージョンアップに関しては、時間をかけて慎重に進めると思われます。

  • カーネルは LTS の 4.4 系が継続してアップデートされており、本日時点では 4.4.16 が提供されています。加えて 4.6 系も並行して提供されており、本日時点では 4.6.5 が提供されています。

PCLinuxOS | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2016-03-16)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

self-build-freetype2-2.6.3-1.1
  • 公式パッケージのアップグレードに合わせてソースを 2.6.3 へ更新しました。
  • このパッケージは、公式パッケージでは無効設定となっているサブピクセルレンダリングを有効にして freetype2 パッケージを作成します。
  • このパッケージを使用するには、事前に self-build-setup パッケージのインストールを行っておく必要があります。
PCLinuxOS | comments (0) | -