Mageia 7: 本日の野良リポジトリ (2020-01-25)

下記のパッケージを投入しました。

mozc-2.23.2815.102-5
  • python 3 対応パッチを更新し、こちらのエントリーで書いた Fedora 31 で使用されているものに少し変更を加えて適用しました。
  • ビルドディレクトリのルートで ln -s /usr/bin/python3 python としてシンボリックリンクを張り、その python の位置を PATH の先頭に追記するという処理を追加することで、上記のパッチを適用した際のビルドエラーを回避しています。
  • protobuf は従来は mozc のソースに同梱のものを使用してビルドしていましたが、今回から別途取得したもの (ver.3.7.1) を使用してビルドしています。
  • gyp は前回のビルドでは Mageia のリポジトリで提供されているものを使用しましたが、今回は最新のリビジョンを別途取得してきて使用しています。
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-11.20191230.2
  • mozc パッケージと同様の変更を行っています。
Mageia | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム