本日の野良リポジトリ (2014-01-10)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-1.13.1651.102-1.142
  • ソースを更新しました。
  • ビルドに必要な gyp を rev.1775 へ更新しました。
  • fcitx-mozc 用のパッチを、このバージョンに対応したものへ更新しました。
  • uim-mozc のビルドに必要となる macuim を rev.331 へ更新しました。
  • 郵便番号データを2013年12月版へ更新しました。
    なお、住所の郵便番号データに付いては mozc の郵便番号辞書生成スクリプトがエラーを吐く (Issue 205) ため、今回のビルドでは zipcloud さんで配布されている加工済みのデータを使用しています。

【 既知の問題点 】

mozc+utdict-1.12.1599.102 がインストールされている環境では、Synaptic の「全てアップグレード」をクリックしてアップグレードを行おうとした場合に、今回の mozc 関係のパッケージがアップグレードされない、あるいは、ibus-mozc|fcitx-mozc|uim-mozc|emacs-mozc だけがアップグレードされ mozc と mozc-tools がインストールされない、という問題が発生します。

これを回避して今回のアップグレードを正常に行うには、mozc をインストール指定してください。他のパッケージは依存関係で自動的にアップグレードされます。

なお、UT辞書は現時点では 1.13.1651.102 対応版が公開されていません。従って mozc+utdict の使用を続けたい場合には、Synaptic のバージョン固定機能を使って mozc 関係のパッケージのバージョンを 1.12.1599.102 に固定してアップグレード対象から除外する様にしてください。

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム