本日の野良リポジトリ (2012-11-23)

下記のパッケージを nora-test セクションへ投入しました。(32bit版向けのみ)

apt-0.5.15lorg3.95-5.1
  • synaptic をビルドする際に必要となる libapt-pkg0-devel が公式リポジトリには何故か存在しないのでリビルドしました。
synaptic-0.57.2-23.1
  • パッケージのバージョンを固定する機能を有効にしてビルドしています。
  • Vine Linux から日本語翻訳ファイルとパッチ(クラッシュバグ修正を含む)を6件拝借してきて適用しています。

公式リポジトリに最新版が投入された為、下記のパッケージを野良リポジトリから削除しました。

sylpheed-3.3.0-0.2
xfce4-weather-plugin-0.7.4.1-1.1

【 Synaptic のバージョン固定機能について 】

今回投入した synaptic では、パッケージのバージョンを固定する機能が使える様になっていて、下図の様に Synaptic のメニューの「パッケージ」下に「バージョンの固定」という項目が追加されています。

Synapticバージョン固定機能

何らかの理由でバージョンを固定したい(アップグレードしたくない)パッケージが有る場合、パッケージを選択してこの「バージョンの固定」にチェックを入れると、以後はそのパッケージはアップグレードの対象から外れます。「インストール済(アップグレード可能)」の一覧にも表示されなくなります。

バージョンが固定されたパッケージは、下図の様に表示されます。

バージョンが固定されたパッケージ

図では判り難いですが、インストール済のマークの所に鍵印が付加され、(デフォルトの配色では)背景色がグレーとなります。

バージョンの固定を解除したい場合には、パッケージを選択して「バージョンの固定」のチェックを外せばOKです。

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム