PCLinuxOS KDE版 2012.08 正式公開

ようやく正式公開されました。

kernel-3.2.18 , kde-4.8.3 となっています。

pclinuxos-kde-2012.08 のインストール後のデフォルトのデスクトップのスクリーンショット。
pclinuxos-kde-2012.08 デスクトップ

日本語化後のスクリーンショット。
pclinuxos-kde-2012.08 日本語化済みデスクトップ

今回の pclinuxos-kde-2012.08 はISOファイルのサイズが 1.3GB となっており、CDサイズに収まらなくなりました。容量増加の主な原因は、LibreOffice を同梱したことによるものと思われます。ちなみに LibreOffice のバージョンは 3.6.0 となっています。

一方の pclinuxos-kde-minime-2012.08 は従来と同様に KDE デスクトップ環境の最小構成版であり、こちらはCDサイズに収まる 508MB となっています。

但し今回の pclinuxos-kde-minime-2012.08 では、日本語化の作業の際に使用する Localization Manager (addlocale) が初期状態ではインストールされていません。従って日本語化の作業を行う際には、事前に addlocale パッケージをインストールする必要があります。(「addlocale なんて使わずに全て手作業でやったる!」という強者は別ですが...)

日本語化の作業手順そのものは、概ね従来と同様です。ただし、pclinuxos-kde-2012.08 では addlocale の実行だけでは LibreOffice の UI が日本語化されず、別途 lomanager を実行して日本語化する必要がありました。

なお、私の環境だけの問題かもしれませんが、addlocale を用いて日本語化を行なっても KDE の一部の表記が英語のままでした。例えば日付の表示では 2012年August23日Thursday と摩訶不思議なものになっていました。そこで kde4-l10n-ja パッケージを再インストールしてみたところ、正常な日本語表示とすることが出来ました。

PCLinuxOS | comments (2) | -

コメント

とおりすがり | 2012/08/24 09:05 AM
前回の写真のテクスターのサインいり壁紙、貴重だったりして。
tomcat | 2012/08/24 09:01 PM
あー、そうかもですね。
あの版のISOファイルもVMwarePlayerの仮想ディスクも、間違って削除しちゃったんですよね。
記念に壁紙だけでも保存しておけば良かったorz

コメント フォーム