Minitube for PCLinuxOS

(2010.05.02 初出)

【 2014年8月16日 追記 】

Minitube 2.2 を野良リポジトリに投入しました。

----------------------------------------

Minitube の PCLinuxOS 用のパッケージを作成してみました。例によって野良リポジトリ経由でインストールできます。

このパッケージをインストールすると、メニューの「動画」の項に「Minitube」が追加されます。

Minitube は YouTube 専用のプレーヤーで、キーワードによって検索した動画を連続再生することが可能となっています。また、再生には Flash Player を必要としません。この為、動画再生時の CPU 負荷が、Firefox 等のブラウザ上で Flash Player を利用する場合と比較してかなり低くなっています。

動画再生のバックエンドとしては GStreamer と Xine が使える様になっていますが、拙作のパッケージでは GStreamer をデフォルトのバックエンドとして想定しています。また、オリジナルの Minitube では未翻訳だった部分も独自に日本語化しています。

〖 KDE 4.5.x 環境上で音が出ない場合には 〗

下記の手順による対策を試行してみてください。

  1. 「デスクトップを設定(systemsettings)」 を起動
  2. 「ハードウェア」→「マルチメディア」→「Phonon」と開く
  3. 「バックエンド」タブを選択
  4. [優先] ボタンを使って GStreamer が一番上になる様にする
  5. 右下の [適用] ボタンをクリック

Phonon バックエンド設定

〖 メモ 〗

VDPAU 対応の nVIDIA のグラフィックボードを使用している場合には、gstreamer0.10-vdpau パッケージをインストールすることで、さらに CPU 負荷を低減することが出来る可能性があります。

初めてのパッケージング後の動作確認で日本語表示がされずに悩みました。Minitube の FAQ では、LANG=ja_JP.UTF-8 && minitube みたいな感じで起動すれば OK な様に書かれているのですが、これでは日本語表示されませんでした。

調べてみたところ、実行ファイルである minitube と各国語のロケールファイルを収めた locale ディレクトリが同一階層にないと日本語表示されないことが判りました。

そこで拙作のパッケージでは、実行ファイルの minitube を locale ディレクトリの在る /usr/share/minitube 下に置き、/usr/bin から /usr/share/minitube/minitube へシンボリックリンクを張るという些か強引な手法を取りました。(汗


【 2011年5月20日 追記】

1.4.3-1nora11 を野良リポジトリに投入しました。

【 2010年10月14日 追記】

1.2-1nora102 をビルドしました。ソースを更新しています。
Minitube 1.2 では、動画のダウンロード機能が新たに追加されています。拙作のパッケージでは、この機能に関して未訳だった部分を独自に翻訳しています。

なお私の環境だけかもしれませんが、現在再生中の動画から強制的に他の動画を再生しようとした場合に、新たな動画の再生開始までに異常に時間がかかるという問題が発生しています。

【 2010年7月29日 追記】

1.1-1nora102 をビルドしました。ソースを更新しています。
なお PCLinuxOS の Qt4 が 4.6.3 へバージョンアップされた為、「検索窓で日本語入力が上手く出来ない問題」は解消しています。

【 2010年5月15日 追記 】

パッケージを nora セクションへ移動しました。

【 2010年5月5日 追記 2 】

既知の問題として書いた「KDE 環境の場合、qtconfig でのフォント設定が反映されません」ですが、どうやら私の環境が腐っていたみたいで、KDE 環境でも正常に qtconfig のフォント設定が反映されることを確認しました。

誤った情報を書いてしまったことをお詫びし、訂正いたします。m(_ _)m

【 2010年5月5日 追記 】

1.0-1nora10 をビルドしました。今回も nora-test セクションに置いています。

「検索窓で日本語入力が上手く出来ない」問題は今回のバージョンでも残っています。もっともこの問題には、Qt 側の「日本語入力の動作がおかしくなる (QTBUG-8807)」というバグが関係していそうなので、Minitube 側で対応するのは難しいかもしれません。ただ、このバグに対するパッチは日本KDEユーザ会によって本家へ報告済みなので、Qt の次のバージョンアップの際に修正されるのではないかと期待しています。

その他、今回もオリジナルでは未翻訳の部分を独自に翻訳していますが、おかしな部分があればツッコミをお願いします(汗

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム