unzip シフトJIS 日本語ファイル名対応版 for PCLinuxOS

PCLinuxOS 用に、シフトJIS 日本語ファイル名対応を行ったパッケージを作りました。例によって、野良リポジトリ経由でインストールできます。

このパッケージではシフトJIS日本語ファイル名対応の為に、Ubuntu Japanese Team が提供しているソースファイルを使用してビルドしています。

[ シフトJIS 日本語ファイル名対応について ]

Windows 上で作成された zip ファイルで、アーカイブ内のファイル名に日本語が使われている場合、PCLinuxOS 公式の unzip では シフトJIS に対応していない為に、Linux 上ではファイル名が文字化けを起こしてしまいます。

しかし、シフトJIS日本語ファイル名対応を行うことによって、Linux 上でもそれらのファイル名を正常に表示することが出来る様になります。file-roller と ark でも文字化けせずに表示されます。

但し、システムに p7zip パッケージがインストールされている環境では、シフトJIS日本語ファイル名対応を行った unzip を使用していても file-roller で文字化けが発生します。これはシステムに unzip と p7zip の両方が存在した場合には、p7zip が優先して使用される仕様によるものです。

【 2011年5月29日 追記 】

6.0-1.1nora11 を野良リポジトリに投入しました。また、p7zip がインストールされている環境で unzip が優先使用されない問題に対応した file-roller-2.32.2-1.1nora11 も同時に投入しました。

【 ビルド履歴 】

  • [2011.05.29] unzip-6.0-1.1nora11
  • [2010.04.04] unzip-5.52-4.1nora10
PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム