Google Earth 5.0 Beta

海底のデータも追加されたと話題になっている Google Earth の新しいバージョンを私の環境に入れてみました。

(1) openSUSE 11.1 x86_64 の場合

起動はするものの、下図の様に日本語が全く表示されません。

Google Earth 5.0 で日本語が表示されない

ネット上で調べてみたところ、Google Earth のインストール先ディレクトリ下の下記の3つのファイルをリネーム(または削除)すれば良いとの情報を得ました。

  • libQtCore.so.4
  • libQtGui.so.4
  • libQtNetwork.so.4

ただし、x86_64 環境の場合、下記の2つの32bit版パッケージがシステムにインストールされている必要があります。

  • libqt4-32bit
  • libqt4-x11-32bit

で実際にやってみたところ、無事に日本語が表示できるようになりました。

Google Earth 5.0 で日本語が表示された

(2) Mandriva 2009.0 x86_64 の場合

起動時、下記のエラーが出て止まりました。

./googleearth-bin: symbol lookup error: /usr/lib/libssl.so.0.9.8: undefined symbol: EVP_camellia_128_cbc

これは Google Earth のインストール先ディレクトリ下の libcrypto.so.0.9.8 をリネーム(または削除)することで回避できました。

しかし、起動しても openSUSE の場合と同様に日本語が表示されません。なので、openSUSE の場合と同じく、libQtCore.so.4 / libQtGui.so.4 / libQtNetwork.so.4 の3つのファイルをリネーム(または削除)してから起動すると、無事に日本語が表示されました。

なお、下記の3つのパッケージがシステムにインストールされている必要があります。

  • libqtcore4
  • libqtgui4
  • libqtnetwork4

(3) PCLOS 2007 の場合

こちらもやはり日本語が表示されません。なので、libQtCore.so.4 / libQtGui.so.4 / libQtNetwork.so.4 の3つのファイルをリネーム(または削除)しました。PCLOS 2007 では、下記の3つのパッケージが必要となります。

  • libqtcore4
  • libqtgui4
  • libqtnetwork4

で、起動してみたのですが、今度は下記のエラーが出て止まります。

./googleearth-bin: symbol lookup error: ./libQtWebKit.so.4: undefined symbol: _ZTV24QXmlStreamEntityResolver

ならばと、PCLOS 2007 の libQtWebKit0 パッケージをインストールした上で、Google Earth インストール先ディレクトリ下の libQtWebKit.so.4 をリネーム(または削除)して起動してみました。

ところが、今度は下記のエラーが出ました。

./googleearth-bin: error while loading shared libraries: libQtWebKit.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory

はて? と思って調べてみたら、PCLOS 2007 の libQtWebKit0 パッケージには、libQtWebKit.so.0 しか含まれていません。多分、libQtWebKit をバージョンアップすれば良いのだろうとは思いますが、今回はそこまでするモチベーションは無く、PCLOS 2007 での Google Earth 5.0 Beta の使用は断念しました。orz

openSUSE | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム