openSUSE 10.2

10.2 がリリースされて間が無い頃から Vine の VMware Player 上で試用してはいたのですが、今回、Kubuntu を削除して空いたパーティションにインストールしました。

SUSE と言えば以前は KDE が標準のデスクトップ環境だったんですが、最近のバージョンではインストール時に GNOME との選択が出来るようになっていますね。私は当然 KDE を選択。また、10.1 の時から余り評判の良くない ZEN は、インストール時に非選択にしました。

SUSE 独自のメニューは私は使い難い感じがしたので、KDE 標準のものに変更しました。beagle はサービスを停止しました。KDE はデフォルトの 3.5.6 から 3.5.7 へアップグレードしました。

ブラウザは Vine 4.1 では使えない Swiftfox をメインで使用しています。同じく Vine 4.1 では動作しない Firefox の trunk も、こちらで使っています。その他、MPlayer 等のオフィシャルでは提供されていないパッケージは、定番の PackManGuru's RPM Site のサイトのお世話になりました。

openSUSE | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム