PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2019-02-02)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

marisa-0.2.4-3
  • libkkc や libkkc-data に必要となる marisa ですが、ruby が 2.6.1 へ更新された影響により公式リポジトリから削除されました。(将来復活するのかどうかは不明)
    このため ruby-2.6.1 を用いて再ビルドしたものを投入しました。
libkkc-0.3.5-10.git20180801
libkkc-data-0.2.7-4
  • どちらも上記の marisa-0.2.4-3 を用いて再ビルドしました。
    なお marisa が公式リポジトリから削除されたことにより、libkkc 関連のパッケージも全て公式リポジトリから削除されています。
jdim-0.1.0-2.20190129
  • 最新のリビジョンを用いてビルドしました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2019-01-24)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

jdim-0.1.0-1.20190123
  • JD に替えて JD から fork された JDim (JD improved) を新たに投入しました。(jd パッケージがインストール済の環境では、jdim パッケージをインストールすると jd パッケージが削除されます)
  • JDim はルック・アンド・フィールや環境設定は JD と互換性があります。今まで JD を使用していた環境であれば、(環境変数 JDIM_CACHE で明示的に他の位置を指定しない限り) JD が使用していたデフォルトのキャッシュディレクトリの $HOME/.jd がそのまま JDim でも使用されるので、従来の JD の環境をそのまま引き継ぐことが可能です。
  • JD と JDim の違いでは名称が変更された以外には、環境変数の JD_CACHE と JD_LOCK が JDIM_CACHE と JDIM_LOCK に変更になっています。
  • JDim が JD から fork された経緯については "本家JD projectとの区別について · Issue #15" というスレッドをご覧ください。
  • なお JD と同様に JDim は 5ch.net の API に対応していません。

【追記】

JDim への fork に伴って実行ファイル名が jd から jdim に変更されています。従来の JD を 5ch.net 用の proxy を使うようにシェルスクリプト経由で起動させていたような環境では、実行ファイル名の変更によるシェルスクリプトの修正が必要となるケースがあると思われます。

PCLinuxOS | comments (0) | -