2020/10/13(火)Mageia 7: 最近の野良リポジトリ

下記のパッケージを投入しました。
  • mozc-2.23.2815.102-11
    • python3 に対応する為のパッチを Debian で使用されているもの流用して適用するように変更しました。(従来は Fedora で使用されているものを流用)
    • 郵便番号データを2020年9月版へ更新しました。
  • mozc-ut-neologd-2.23.2815.102-4.20200924.1
    • Mozc UT NEologd Dictionary を 20200924.1 版へ更新しました。
    • mozc パッケージと同様に、python3 に対応する為のパッチを Debian で使用されているもの流用して適用するように変更しました。
  • ibus-1.5.23-1
    • ソースを 1.5.23 へ更新しました。
  • cldr-emoji-annotation-37.0_13.0_0_2-1
  • unicode-emoji-13.1-1
  • unicode-ucd-13.0.0-1
    • 上記の3つのパッケージは、ibus-1.5.23 のビルドに際して公式リポジトリに在るものより新しいバージョンのものが必要となったため、それぞれソースを更新して新たに野良リポジトリに投入しました。

Mageia 7 (x86_64) 用の野良リポジトリについて

2020/10/11 Mageia
拙作の野良パッケージのインストールの利便性を図るために、野良リポジトリを公開しています。

* 野良リポジトリの追加方法 (パッケージ管理に urpm を使用している場合)
ターミナルで下記を実行することで、「nora」というメディア名で野良リポジトリが追加されます。
# urpmi.addmedia --update 'nora' https://tomcat.nyanta.jp/linux/Mageia/7/x86_64/
※ Mageia 7 では32bit版のサポートも継続されていますが、当野良リポジトリでは32bit版を提供する予定は全くありません。