2021/07/05(月)Mageia 8: 本日の野良リポジトリ (2021-07-05)

下記のパッケージを nora リポジトリに投入しました。

  • mozc-2.26.4423.102-1
    • Mozc を 2.26.4423.102 へ更新しました。
    • fcitx5-mozc を rev.7fbfca9 へ更新しました。
    • 郵便番号データを2021年6月30日版へ更新しました。
  • mozc-ut-neologd-2.26.4423.102-1.20210627
    • mozc パッケージと同じ更新内容に加えて、Mozc UT NEologd Dictionary を 20210627 へ更新しました。

【ビルドツールの変更を見送った件について】

Mozc の2021年6月5日の更新の 2.26.4395.102 から、Linux でのデフォルトのビルドツールが従来の GYP から Bazel へと変更されました。これにより GYP を用いたビルドはメンテナンスモードとなり、Mozc の新たな機能などは Bzael を用いたビルドでのみ提供されるようになりました。

GYP build is under maintenance mode. While the existing targets are supported by both GYP and Bazel as much as possible, new targets will be supported by Bazel only.

Targets only for Bazel:

  • Zip code conversion (//server:mozc_server)
  • Qt-based candidate window (//renderer:mozc_renderer)
  • Build rules for icons (//unix/icons)

(https://github.com/google/mozc/blob/master/docs/build_mozc_in_docker.md より引用)

上の引用文にもあるように、Bzael でのビルドでは ibus-mozc で使用される mozc_renderer が従来の GTK+2 ベースから Qt ベースへと変更されました。(GYP でのビルドでは従来通りの GTK+2 ベースとなる)

GTK+2 のサポートが終了していることを考えると、Bazel を用いたビルドに移行したいところですが、2.26.4395.102 では、Qt ベースの mozc_renderer で CPU 使用率が 100% 近くになるという問題が発生していました。この時は ibus-mozc で日本語入力を行うと確実にこの問題が発生するという状況でした。

その後、6月13日の更新の 2.26.4403.102 でこの問題に対する修正が入り、この問題は解決したかに思えました。しかし当方の環境では発生する頻度はかなり下がったものの、日本語入力を続けているといつの間にかこの問題が発生しているという状況が今回の 2.26.4423.102 でも依然として続いています。

この問題が完全に解決されない限り、Bazel を用いたビルドへの移行は難しいかなと考えています。従って今回のビルドも今までと同様に GYP を用いています。

2021/03/31(水)Mageia 8: 本日の野良リポジトリ (2021-03-31)

下記のパッケージを nora リポジトリに投入しました。

  • mozc-2.26.4325.102-1
    • Mozc を 2.26.4325.102 へ更新しました。
    • fcitx5-mozc を最新のリビジョン(fa4ec99)へ更新しました。
    • uim-mozc を生成するためのパッチに、mozc-2.26.4325.102 へ対応させるための修正を加えました。
    • 郵便番号のデータを2021年3月31日版へ更新しました。
  • mozc-ut-neologd-2.26.4325.102-1.20210329.1
    • mozc パッケージと同じ更新内容に加えて、Mozc UT NEologd Dictionary を 20210329.1 へ更新しました。

      今までは Mozc UT を Mozc UT NEologd として再ビルドする際には、NEologd と jinmei-ut の2つの辞書のみを有効にしていましたが、今回はそれらに加えて SudachiDict も有効にしています。(SudachiDict のライセンスも Apache-2.0 です)

      ただし、SudachiDict を加えることによってどの程度変換精度が上がるのか、私自身もよく分かっていなかったりします(-_-;)

2021/01/12(火)PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2021-01-12)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

  • setime-4.2-1
    • fcitx5 に対応しました。

下記のパッケージを nora-test セクションに投入しました。

  • fcitx5-5.0.4-1
  • fcitx5-configtool-5.0.2-1
  • fcitx5-gtk-5.0.3-1
  • fcitx5-qt-5.0.2-1
  • cldr-emoji-annotation-37.0_13.0_0_2-0
  • xcb-imdkit-1.0.2-1
    • fcitx5 関連のパッケージと、fcitx5 をビルドする際に必要となるパッケージを新たにビルドして投入しました。(動作確認は KDE Plasma 環境上でしか行っていません)
    • 【既知の問題】
      KDE Plasma で Input Method Panel ウィジェット(kimpanel) を使用している環境で、ログイン直後には kimpanel 上に何もアイコンが表示されていない状態になる場合があります。その後、テキストエディタなどの文字入力が可能な領域にフォーカスが映るとアイコンが表示されます。
  • mozc-2.26.4237.102-2
    • ソースを更新しました。
    • fcitx5-mozc と uim-mozc をビルドするようにしました。
  • mozc-ut-neologd-2.26.4237.102-2.20201229.1
    • mozc パッケージと同様の変更に加え、UT NEologd Dictionary を 20201229.1 へ更新しています。

2021/01/09(土)Mageia 7: 本日の野良リポジトリ (2021-01-09)

下記のパッケージを nora リポジトリに投入しました。


下記のパッケージを nora_test リポジトリに投入しました。

  • mozc-2.26.4237.102-3
    • Mozc を 2.26.4237.102 へ更新しました。
    • Debian unstable の mozc パッケージからパッチを拝借してきて uim-mozc を生成するようにしました。
    • 郵便番号のデータを2020年12月28日版へ更新しました。
    • その他、細かな修正を行っています。
  • mozc-ut-neologd-2.26.4237.102-3.20201229.1
    • UT NEologd Dictionary を 20201229.1 へ更新しました。
    • その他、mozc パッケージと同様の更新を行っています。

2020/12/16(水)Mageia 7: 本日の野良リポジトリ (2020-12-16)

下記のパッケージを nora_test リポジトリに投入しました。

  • mozc-2.26.4220.102-2
  • mozc-ut-neologd-2.26.4220.102-2.20201129.1
    • Mozc を 2.26.4220.102 へ更新しました。
    • fcitx-mozc を現時点での最新のリビジョン(1882e33)へ更新しました。
    • Fcitx5 に対応して fcitx5-mozc をビルドするようにしました。
  • fcitx5-5.0.3-1
  • fcitx5-gtk-5.0.1-1
  • fcitx5-qt-5.0.1-1
  • fcitx5-configtool-5.0.1-1.873aea6
    • Fcitx5 を動作させるのに必要最小限と思われるパッケージ群を新たにビルドし、Mageia 7 で Fcitx5 を試用できるようにしてみました。なお現時点では、Fcitx5 で使用できる日本語入力エンジンは Mozc のみを提供しています。
    • fcitx5-configtool は現時点での最新のリビジョン(873aea6)を用いてビルドしています。
    • 本来ならば fcitx5-configtool で提供されるはずの KDE 用の設定モジュールは、今回のパッケージではビルドしていません。
      これは Mageia 7 の KDE Frameworks のバージョンが 5.57.0 と少々古く、fcitx5-configtool が要求する 5.68.0 以上という条件を満たさない為です。とは言え Qt5 版の設定ツールは動作するので、実用上は問題無いと判断しました。
    • いずれのパッケージも KDE 環境でしか動作確認を行っていません。他のデスクトップ環境にインストールされる場合にはご留意ください。(_ _)
    • Fcitx5 関連のパッケージは他のディストリビューションでは細かくサブパッケージ化を行っている例も見受けられますが、今回のパッケージではテスト的なビルドということもあってサブパッケージ化はほとんど行っていません。
  • xcb-imdkit-1.0.1-1
    • fcitx5 をビルドするのに必要なため、新たにビルドしました。
  • setIM-2.5-1
    • 拙作のインプットメソッド設定ツールの setIM を Fcitx5 に対応させました。