PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-08-14)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-2.20.2677.102-4
  • 郵便番号データを20170731版へ更新しました。
  • emacs-mozc に新たに /etc/emacs/site-start.d/mozc-init.el を追加し、emacs 上でのデフォルトの日本語入力が mozc になるようにしました。
mozc-neologd-ut-2.20.2677.102-6.20170525.1
  • emacs-mozc と同様に emacs-mozc-neologd-ut に新たに /etc/emacs/site-start.d/mozc-init.el を追加し、emacs 上でのデフォルトの日本語入力が mozc-neologd-ut になるようにしました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-08-07)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

setime-1.11-1
  • ibus から他のインプットメソッドに変更した場合に、環境によっては ibus が並行して起動してしまうケースがあるのを修正しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-08-04)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

setime-1.10-1
  • scim-autostart.sh の記述ミスを修正しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

Mageia 6: 野良リポジトリを dnf にも対応させました

先日公開した Mageia 6 (x86_64) 用の野良リポジトリ を、Mageia 6 で新たに採用された dnf に対応させました。

ターミナルで下記を実行して nora-repos パッケージをインストールすることで、dnf で野良リポジトリが利用可能となります。

# dnf install http://tomcat.nyanta.jp/linux/Mageia/repo/6/x86_64/media/nora/release/nora-repos-2-1.nora6.x86_64.rpm  

下記が実際に実行した一例です。

[root@localhost ~]# dnf install http://tomcat.nyanta.jp/linux/Mageia/repo/6/x86_64/media/nora/release/nora-repos-2-1.nora6.x86_64.rpm
メタデータの期限切れの確認は、10:39:10 時間前の 2017年08月14日 23時04分59秒 に実施しました。
nora-repos-2-1.nora6.x86_64.rpm                  232 kB/s | 8.0 kB     00:00    
依存性が解決されました。
=================================================================================
 パッケージ         アーキテクチャ バージョン         リポジトリ           サイズ
=================================================================================
インストール:
 nora-repos         x86_64         2-1.nora6          @commandline         8.0 k

トランザクションの要約
=================================================================================
インストール  1 パッケージ

合計サイズ: 8.0 k
パッケージ展開後のサイズ: 2.1 k
これでいいですか? [y/N]: y

トランザクションの確認を実行中...
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中...
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中...
  Preparing        :                                                         1/1 
  インストール     : nora-repos-2-1.nora6.x86_64                             1/1 
  検証中           : nora-repos-2-1.nora6.x86_64                             1/1 

インストール済み:
  nora-repos.x86_64 2-1.nora6                                                    

完了しました!

この後 dnf repolist を実行すると、野良リポジトリ (nora-x86_64) が追加されているのが確認できます。

[root@localhost ~]# dnf repolist
メタデータの期限切れの確認は、1:12:40 時間前の 2017年08月15日 08時36分58秒 に実施しました。
リポジトリID                   リポジトリ名                                状態
mageia-x86_64                 Mageia 6 - x86_64                            28,136
mageia-x86_64-nonfree         Mageia 6 - x86_64 - Nonfree                     130
mageia-x86_64-tainted         Mageia 6 - x86_64 - Tainted                     347
nora-x86_64                   Mageia 6 - x86_64 - nora                         50
updates-x86_64                Mageia 6 - x86_64 - Updates                     459
updates-x86_64-nonfree        Mageia 6 - x86_64 - Nonfree - Updates             2
updates-x86_64-tainted        Mageia 6 - x86_64 - Tainted - Updates            41

【 2017年8月15日 追記 】

当初の nora-repos-1-1 パッケージでは mageia-6-nora.repo ファイルに記述ミスがあり、「更新パッケージを認識できない」という重大な問題が発生していました。このためこのエントリの内容を、問題を修正した nora-repos-2-1 パッケージを使用するものへと差し換えました。

Mageia | comments (0) | -

PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2017-07-30)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

setime-1.9-1
  • ibus の遅延起動は、Plasma 環境の場合にのみ行うように変更しました。
PCLinuxOS > anthy | comments (0) | -