Mageia 5 での日本語入力について (その3)

"Mageia 5 での日本語入力について" と "Mageia 5 での日本語入力について (その2)" の続きになります

Mageia 5 がリリースされたということで、インストール用 DVD (Mageia-5-x86_64-DVD) を用いてインストールを行った環境(KDE)での日本語入力についてざっと確認してみました。以下、Live版の場合と異なる点を書きます。


  1. ibus 関係のパッケージは初期状態では ibus, ibus-gtk, ibus-qt4, ibus-anthy, ibus-mozc がインストール済みとなっている。(Live版とは異なり ibus-gtk3 はインストールされていない。)
  2. Live版とは異なり、ibus には anthy と mozc が既に登録された状態となっている。ただし anthy を選択してもこれが有効にならず、日本語入力が行えない。(mozc の方では入力可能)
  3. 設定ファイルに関しては、/etc/sysconfig/i18n と /etc/locale.conf の両方に IM の設定が記述されている。Live版とは異なり /etc/locale.conf に記述があることで、ibus が起動できていると思われる。

【 2015年6月26日 追記 】

Firefox などの gtk2 アプリ上で日本語入力が行えないという問題には、下記を実行することで対処できます。

# gtk-query-immodules-2.0 --update-cache

Mageia | comments (0) | -

昨日の野良リポジトリ (2015-06-22)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

fonts-otf-japanese-NotoSansJP-1.004-1
fonts-otf-japanese-SourceHanSansJP-1.004-1
fonts-otf-japanese-SourceHanCodeJP-1.004-1
  • いずれもソースを 1.004 へ更新しました。
fonts-ttf-ancient-symbola-8.00-1
  • ソースを 8.00 へ更新しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

昨日の野良リポジトリ (2015-06-19)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。(32bit版のみ)

llvm-3.5.2-1.1
  • Mozc のビルドに必要となる clang をサブパッケージとして生成する llvm が公式リポジトリでは 3.5.2 へアップデートされましたが、32bit版上でこれを用いて Mozc をビルドすると前版の 3.5.0 の時と同様にエラーとなります。
    そこで前回と同様にこの問題を回避するためのパッチを当てたものを野良リポジトリに投入しました。なお64bit版では公式リポジトリの clang で Mozc が問題なくビルドできるので、32bit版のみへの投入となっています。

下記のパッケージを nora-test セクションから削除しました。。

freshplayerplugin-0.3.0-0.1
  • 公式リポジトリに 0.3.0 が来たため削除しました。なお公式パッケージの名前が今回から fresh-player-plugin に変更されています。
PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2015-06-15)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

fonts-otf-japanese-SourceHanCodeJP-1.002-1

下記のパッケージを nora-test セクションに投入しました。

mikutter-3.2.4-1
  • ソースを 3.2.4 へ更新しました。
PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2015-06-11)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

fonts-otf-japanese-NotoSansJP-1.003-1
fonts-otf-japanese-SourceHanSansJP-1.003-1
  • いずれもソースを 1.003 へ更新しました。

下記のパッケージを nora-test セクションに投入しました。(64bit 版のみ)

freshplayerplugin-0.3.0-0.1
  • ソースを 0.3.0 へ更新しました。
  • 【注意】このパッケージをインストール後は再ログインしてください。ブラウザの再起動だけでは、Flash コンテツへの日本語入力時(ニコニコ動画のコメント入力など)に Flash がクラッシュしたり IM が有効にならないなどの問題が発生する場合があります。
PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2015-06-07)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

self-build-mozc+utdict-2.17.2095.102-2.20150529
  • Mozc-UT 辞書 の 20150529 版に対応しました。
  • 追加辞書を自前で生成する為、ビルドにはそれ相応の時間を要します。
  • 【重要】このパッケージを利用する場合には、事前に self-build-setup パッケージをインストールしておく必要があります。

下記のパッケージを nora-test セクションに投入しました。(64bit 版のみ)

freshplayerplugin-0.2.4-0.2.git20150606
PCLinuxOS | comments (0) | -

本日の野良リポジトリ (2015-06-05)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

fonts-otf-japanese-NotoSansJP-1.002-1
fonts-otf-japanese-SourceHanSansJP-1.002-1
  • いずれもソースを 1.002 へ更新しました。
fonts-ttf-japanese-genshingothic-1.002.20150531-1
PCLinuxOS | comments (0) | -

Mageia 5 での日本語入力について (その2)

Mageia 5 での日本語入力について の続きです。

文句ばかりを言っていても仕方がないので、取りあえず以下のパッケージを自前でビルドしたのでアップロードしておきます。誰かのお役に立てたら幸いです。

ダウンロードは http://tomcat.nyanta.jp/linux/Mageia/5/ からどうぞ。

【2016年1月18日追記】

下記のパッケージの配布は Mageia 5 用の野良リポジトリ を使用する形に移行しました。
==追記ここまで==

  • 各パッケージのバイナリーは x86_64 版のみです。
  • KDE 環境でしか動作確認していません。
  • 当たり前ですが全て無保証です。利用に際しては自己責任でお願いします。
続きを読む>>
Mageia | comments (0) | -

Mageia 5 での日本語入力について

正式リリースが迫っている Mageia 5 の日本語入力に関して、RC 版で確認してみました。
(Mageia-5-RC-LiveDVD-KDE4-x86_64 を用いてインストールした後、2015年6月4日現在までのアップデートを行った環境)

続きを読む>>
Mageia | comments (0) | -