nVIDIA のドライバ入れ直しでトラブル発生

Vine 4.0 β4 でパッケージのアップグレードの確認を行い、kernel や XOrg 関係等を更新しました。

  • kernel#2.6.16-0vl57 => kernel#2.6.16-0vl60
  • XOrg_6.9.0-0vl21 => XOrg_6.9.0-0vl22

kernel が更新されたので、nVIDIA のドライバ(8776)も入れ直しました。ドライバのインストール自体は正常に終了。

で、システムを再起動したところ X が起動せず、テキストモードのログイン画面になってしまいます。ならばと、旧カーネルで起動してみたのですが、こちらも同じ状況に。うーん、ひょっとして XOrg_6.9.0-0vl22 で何か仕様変更でも有ったのしょうか?

仕方が無いので、root でログインして startx の実行を試してみたところ、下記のようなエラーを吐きました。

(EE) Failed to load module "glx" (module does not exist, 0)
(EE) Failed to load module "nvidia" (module does not exist, 0)
(EE) No devices detected

頭痛い(>_<)

気を取り直して例によって検索を行い、no display: Xorg, Nvidia driver broken after Etch update; Failed to load module "glx" - LinuxQuestions.org という Linux に関する Q&A フォーラムのスレッドを発見。そのスレの #13 のコメント内容を参考に、下記のように3つのシンボリックリンクを張ってみました。

# cd /usr/X11R6/lib/modules/drivers/
# ln -s /usr/X11R6/lib/xorg/modules/drivers/nvidia_drv.o
# ln -s /usr/X11R6/lib/xorg/modules/drivers/nvidia_drv.so
# ln -s /usr/X11R6/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so.1.0.8776 libglx.so

再度 startx を実行したところ、今度は無事に nVIDIA のドライバで X が起動しました。(^o^)

エラーの原因追求も行わず(行えず)、対処法も正しいものなのかどうかの「裏」も取れていませんが、現に動作しているのだから良しとしましょう(汗)(←イイのかそんなことで…)

Vine | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム