PCLOS: 本日の野良リポジトリ (2018-03-08)

下記のパッケージを nora セクションに投入しました。

mozc-2.23.2815.102-1
  • ソースを 2.23.2815.102 へ更新しました。
  • 郵便番号のデータを2018年2月版へ更新しました。
  • mozc の更新により fcitx-mozc と uim-mozc のヒルドができなくなりました。
    fcitx-mozc に付いては 2.23.2815.102 に対応した修正が既に入りましたが、従来のようなオリジナルの mozc に対するパッチという形での提供は現時点では行われていないため、今回のビルドでは github の fcitx/mozc のリポジトリから src/unix/fcitx ディレクトリを切り出したものを mozc のソースに追加するという形を取っています。
  • uim-mozc に付いては現時点では 2.23.2815.102 に対応した修正が入っていないため、独自にパッチを作成して適用しています。
mozc-neologd-ut-2.23.2815.102-1.20180301.1
  • ソースを 2.23.2815.102.20180301.1 へ更新しました。
    このソースには mozc-2.23.2815.102 に対応した fcitx-mozc が同梱されています。
  • uim-mozc に付いては mozc パッケージと同様に独自に作成したパッチを適用しています。

【3月15日 追記】

mozc-2.23.2815.102 で uim-mozc をビルドする為の拙作のパッチを、uim-mozc の提供元である macuim に取り込んで頂けました。

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム