Texstar が PCLinuxOS の開発から離れる!

PCLinuxOS の創立者であり、ずっと開発の中心的人物であり続けたTexstar氏が、健康上の理由から一時的に開発の現場から離れることになった模様です。フォーラムには、この件に関する彼からの投稿があります。また、2月6日付けの DistroWatch Weekly の News で、この件が取り上げられています。彼の抜けた後を引き継いで開発の中心となるのは、Neal と Old-Polack の両氏の模様です。

このところ KDE が 4.6.5 のままアップグレードもされずにそのままだったりして、開発の速度が以前に比べて極端に落ちている感じを受けていたのでちょっと気にはなっていたのですが、開発の現場を離れなければならない程に体調が悪化しているとは思いも寄りませんでした。彼が健康を取り戻すことを願っています。

で現実問題として、PCLinuxOS にとっては非常に大きな存在であったTexstar氏が抜けたことで、開発速度の低下は避けられないのかなとは思います。64bit版の正式リリースもさらに先に延びることになるのでしょう。

それにしても、先月に発表されていたこの重要なニュースに今日になって気が付くとは、我ながら本当に情けないです_| ̄|○

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム