本日の野良リポジトリ (2010-04-20)

pclos2010/nora セクションに下記を put しました。

  • anthy-9100h-26nora10
  • fonts-ttf-japanese-0.20100418-1nora10
  • wine-1.1.43-0.1nora10
  • ibus-qt4-1.2.0.20091217-3nora10

anthy は、UTUMIさんのソースコードを 20100419 版に更新しています。

fonts-ttf-japanese は、UmePlusフォント を 20100418 版に更新しています。

wine もソースの更新です。

ibus-qt4 は、今回のビルドからヘッダファイル等を収めた ibus-qt4-devel というサブパッケージを新規に作成する様にしました。
旧版では、ヘッダファイルが依存している幾つかの開発パッケージまでインストールすることを要求していましたが、ibus-qt4 を使用するだけならばこれらの開発パッケージは不要な為、ヘッダファイル等をサブパッケージに分離することによって、これらのインストールの要求を回避する様にしました。(Mandriva のパッケージがサブパッケージを作成する様になっているので、これに倣いました)
通常は ibus-qt4-devel パッケージはインストールする必要はありません。

それから ibus 本体の方に関してですが、デフォルトの日本語入力の ON/OFF のキーボードショートカットは、[全角/半角]キー と [CTRL]+[space] キーに割り当てられていますが、何故か上手く動作してくれない場合がある様です。その場合には、日本語入力の ON/OFF のキーボードショートカットのデフォルト設定を一旦全て削除し、改めて登録し直してみてください。

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム