PCLinuxOS 2010 フル KDE 版リリース

GNOME 版、最小構成 KDE 版に続いて、フル KDE 版 が公開されました。14日 15:00 現在、日本国内のミラーサーバでは jaist が配信済みとなっています。

それから、昨日のエントリの中で書き忘れたことを一点。

コントロールセンターの「システム」→「システムの言語を設定」から入力メソッドの設定で scim-bridge を選択した場合、/etc/sysconfig/i18n には、
XIM_PROGRAM=scim-bridge
と設定されています。しかしこの設定では日本語入力ができません。

XIM_PROGRAM="scim -d"
と修正することで日本語入力が行える様になります。

※ 上記は公式パッケージのみを使用している環境の場合です。拙作の scim 関係の野良パッケージを使用している場合には、XIM_PROGRAM=scim-bridge のままでも OK です。


PCLinuxOS 2010 KDE 日本語化デスクトップ

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム