PCLinuxOS Beta 2 リリース (2)

(1) CPUクロックの変動が有効にならない件

この件、Beta 1 の時点で確認されていた問題で、「Beta 2 で修正される予定」という話をフォーラムで見掛けた様な気がしたのですが、少なくとも Athlon X2 な私の環境では、Beta 2 でも依然としてCPUクロックの変動は無効のままで、常時最大周波数で動作しています。

原因は「必要なカーネルモジュールが読み込まれていない」ということであるのは判っているので、/etc/modprobe.preload に Athlon X2 に必要なカーネルモジュールの名前である「powernow-k8」を追記して再起動することで、CPUクロックの変動を有効にすることが出来ました。

ちなみにモジュール名は、
/lib/modules/カーネルバージョン/kernel/arch/x86/kernel/cpu/cpufreq/
で確認出来ます。


(2) パラレルポートが認識されない件

原因はパラレルポート用のドライバが読み込まれていない為。
よって、/etc/modprobe.preload に「lp」を追記して解決。

ま、最近のパソコンではパラレルポート自体が存在しないものが多くなっているので、デフォルトではパラレルポート用のドライバを読み込まない仕様になっているのは止むを得ないことなんでしょうね。

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム