最近の PCLOS

KDE-4.3.2 や新しい Toolchain (gcc-4.4.1/glibc-2.10.1)、そして gnome-2.28 と、"大物"が続々と投入されています。

新しい Toolchain を使ってビルドされたパッケージのリリースサフィックスは pclos2010 となっています。また、最新の状態にまでアップデートを行うと、起動時の Welcom 表示が「Welcom to PCLinuxOS 2010」と変わるので、ひょっとすると予定されていた 2009.3 のリリースはキャンセルして、年末にリリース予定の 2010.1 までこのまま行ってしまうつもりなのでしょうかね?

なおアップデートに関して、下記の様な注意喚起の記事が Texstar によってフォーラムに投稿されています。

アップデートは Synaptic を使ってくれ。

コマンドラインでの
apt-get update
apt-get upgrade
のコンビネーションは使うな!

どうしてもコマンドラインからアップデートを行いたいのなら、
apt-get update
apt-get dist-upgrade
のコンビネーションを使え!

ということだそうです。

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム