scim 関連パッケージ for PCLinuxOS

(2009.05.05 初出)

scim 関連のパッケージは多いのですが、今回は scim, scim-bridge, scim-input-pad, scim-qtimm, skim をビルドしました。野良リポジトリ経由でインストールできます。

【 2011年5月31日 追記 】

1.4.10-0.1nora11 を野良リポジトリに投入しました。

【 2010年7月9日 追記 】

scim-1.4.9-1.2nora102 をビルドしました。
Mandriva 2010.1 からパッチを1件拝借してきて当てています。これによって、「システムトレイアイコンが表示されなくなる場合がある」という問題が解消されました。(多分)

【 2010年6月21日 追記 】

scim-1.4.9-1.1nora101 をビルドして野良リポジトリに置きました。
公式パッケージの scim-1.4.9-1pclos2010 を、現在の環境でリビルドしたものです。これによって、mozc 使用時に SCIM の設定ツールが起動できない問題が解消されました。

【 2010年5月14日 追記 】

公式リポジトリの日本語関係のパッケージがアップグレードされた為、野良リポジトリから scim 関連のパッケージを全て一旦削除しました。

【 2010年3月7日 追記 】

2010 beta 1 向けに下記をビルドしました。

  • scim-1.4.9-9nora10
  • scim-bridge-0.4.16-6nora10
  • scim-input-pad-0.1.2-2nora10

【 2010年2月25日 追記 】

scim-1.4.9-8nora10 をビルドしました。
昨年の12月頃に scim が依存している libdirectfb が 0.9.25.1 から 1.4.2 へとアップグレードされたのですが、これによって拙作の野良パッケージが依存関係のエラーが出てインストール出来ない状態となっていました。しかもその事に今日まで気が付いていませんでした(滝汗

【 2009年11月7日 追記 】

scim-1.4.9-7nora10 をビルドしました。
scim パッケージに含まれていたファイル /etc/rpm/macros.d/scim.macros を、libscim8-devel パッケージの方へ移動しました。

【 2009年10月20日 追記 】

scim-1.4.9-5nora10 をビルドしました。設定プログラム(scim-setup)がメニューに表示されないことがあるのを修正しました。

【 2009年8月11日 追記 】

scim-1.4.9-2nora09 及び scim-bridge-0.4.16-2nora09 をビルドしました。scim-1.4.9-2nora09 は、最新の環境でリビルドしたものです。

scim-bridge-0.4.16-2nora09 の方は、KDE 4.3 に対応する為に qt4-immodule を有効にしてリビルドしたもので、新たに scim-bridge-qt4 というパッケージが追加されています。KDE 4.3 環境では、この scim-bridge-qt4 パッケージをインストールする必要があります。

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム