UmePlus フォント for PCLinuxOS

(2009.02.12 初出)

PCLinuxOS のデフォルトの日本語フォントである UmePlus ですが、公式のものは暫くアップデートされていないので、新版をビルドしました。

野良ビルド用リポジトリ からインストール出来ます。

【 2011年5月14日 追記 】

0.20110512-1nora11 をビルドしました。

【 2011年2月2日 追記 】

0.20110130-1nora11 をビルドしました。

【 2010年11月7日 追記 】

0.20101107-1nora103 をビルドしました。

【 2009年5月8日 追記 】

0.20090507-1nora09 をビルドしました。
20090507版では、梅フォントが 0.403 にアップデートされています。また、 梅フォントの作者さんのブログによれば、0.403 では さざなみゴシック、さざなみ明朝のグリフを無くし、花園明朝と グリフウィキのグリフを調整したものとオリジナルのグリフによる構成としました とのことで、これにより梅フォントのライセンスも変更されています。

さざなみ系が一掃されたからなのか、フォントの表情が少し変わった様に感じるけれど気のせいか...

PCLinuxOS | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム