Ready for Vine 4.2 (^_^;)

メインマシンの Vine 4.1 環境を Seed 化しちゃいました。万一、再インストールしなければいけない様な状況に陥ったとしても openSUSE 環境が安定しているので、「ま、いっか」みたいな軽いノリでやっちゃいましたです(ヲイ

で、Seed にしたら JD を始めとして 4.1 環境で自分でビルドしたものの多くが動作不安定に陥ったので、全て Seed 環境で再ビルドしました。

ついでに、今までは checkinstall を使って手を抜いて rpm パッケージにしていた物も、改めて全て spec ファイルを書いてパッケージを作成しました。この作業が自分のスキル不足も有って結構時間が掛かったりしました。

ま、「specファイルを書いた」なんて偉そうに言ってますが、実際には他のディストリのを流用したり(パクるとも言う)したのが多く、本当に一から自分で書いたのは僅かですけれどね(滝汗

そんなこんなで、現在までに自分でビルドしたパッケージの一覧。

MPlayer 1.0rc1
amarok 1.4.6
anthy 9100
bogofilter 1.1.5
crystal 1.0.4
gl-117 1.3.2
guarddog 2.6.0
hddtemp 0.3_beta15
jam 2.5
jd 1.9.5
k3b 1.0.3
k3b-i18n 1.0.3
kftpgrabber 0.8.1
kplayer 0.6.3
krecordmydesktop 0.1alpha1
ktorrent 2.2.1
lame 3.97
libdvdcss2 1.2.9
libdvdread 0.9.7
libmp4v2 1.5.0.1
lm_sensors 2.10.4
mplayer-codecs 20060611
mplayerplug-in 3.40
physfs 1.0.0
recordmydesktop 0.3.5.1
supertux 0.3.0
sylpheed 2.4.4
twolame 0.3.10
wine 0.9.42

あっ、lame はここに在ったのを、physfs はここに在ったのを単にリビルドしただけです。

Vine | comments (0) | -

コメント

コメント フォーム