PCLOS: カーネル更新で X が起動できなくなった件

一週間ほど前に Twitter で呟いた件(及びその続き)です。

私は PCLinuxOS ではカーネルは LTS な 4.14 系を使っています。今月初めに 4.14.32 がリポジトリに投入されたので、それまで使っていた 4.14.26 から更新しました。

ところが更新後の再起動時の dkms による nVIDIA のドライバーのカーネルモジュールの作成が失敗して X が起動できなくなるという問題が発生しました。(グラボは GTX 960)
さらに前版の 4.14.26 で起動しても何故か X の起動に失敗するという状況に陥ってしまいました。

drakx11 でドライバーを nouveau に変更しても何故か X がエラーを吐いて起動できません。それではとカーネルを 4.15.15 に変更しても、やはり X を起動できません。

そこでカーネルを 4.9.92 に変更してみたところ、やっと X が起動できるようになりました。nVIDIA のドライバーにしても問題は発生しませんでした。

ここ数日はこの環境で使っていたのですが、このままでは 4.14 以降のカーネルがこの先も使用できない可能性が高いので、別にパーティションを新たに切って検証を行ってみました。

  • pclinuxos64-kde5-2017.11 を用いて新規インストール
  • 最新状態へ更新(カーネルも同時に 4.14.32 へ更新)
  • 再起動
  • nVIDIA のドライバーのカーネルモジュールの作成に成功して無事に起動

ということで、4.14.32 で問題なく起動できることが確認できました。

そこでこの検証用の環境を addlocale を用いて日本語化した上で、mylivecd で ISO イメージを作成しました。そしてその ISO イメージを用いてメイン環境の再インストールを敢行しました。結果、現在は無事に 4.14.32 で使用できています(^_^)

問題の発生したメイン環境は昨年の7月に新規インストールしたのを更新し続けてきたものでしたので、何かしら色々と「ゴミ」が有って、それが冒頭の X の起動失敗に繋がったのかもしれません。

inxi -Gxx


【4月14日 追記】

nVIDIA のドライバー更新で問題が再発しました。

【4月16日 追記】

再び X が起動できなくなった件(解決)

PCLinuxOS | comments (2) | -