落書き part-4

【 お知らせ 】

スパム対策の為、一部のIPアドレスからのコメント投稿とトラックバック受付を拒否しています。これにより "巻き添え" になられた方がいらっしゃいましたら、メールフォームより御連絡頂ければ対応させて頂きます。お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

過去の日記

2006年02月09日(木)

_ Java の脆弱性に関する記事 3 つ

3 つの記事共、同じ脆弱性について書かれたものなんですが…

私は一番最初に CNET Japan の記事を目にしたわけですが、『で、どうすればええの? どのバージョンなら安全なん? パッチって何処よ?』という我々エンドユーザがこの記事を読んで当然思うであろう点が全くフォローされていない、という印象を受けました。いや実際この記事だけを読んだ時点では、どのバージョンなら安全なのか私には俄には判断出来ませんでした。

余談ですが、原文の CNET News.com の記事 には、Secuniaの勧告 や Sun の セキュリティアドバイザリー へのリンクがちゃんと張られているのですが、何故か日本語訳ではリンクが張られていません。訳者の単なるチョンボなのか、あるいはリンク先が英語のページということで意図的にリンクを外したのか、理由は不明ですが、意図的に外したのならば訳者の大きな御世話と言わざるをえません。この手のセキュリティに関する記事では、一次情報源へリンクを張るというのは非常に重要なことだと私は思うのですが…
(「どのバージョンなら安全なのか」ということに関する記述が抜け落ちている点は原文も同じ、と言うか、原文に無いから訳文にも当然無いわけで)

次に目にしたのが MYCOM PC WEB の記事です。影響を 受ける・受けない それぞれのバージョンについて細かに記載してくれているのですが、パッと見、とても分かり難いです。

そして最後に見たのが IT Pro の記事。この 3 つの記事の中ではこれが一番分かり易かったですね。影響を受けない最新バージョンのダウンロードページへのリンクが張ってあったり、現在使用しているバージョンの確認方法も記載されていたりして、この脆弱性に対処する為に必要な情報が過不足無く読み手に伝わって来るように思いました。

同じ脆弱性に関して書かれた記事であっても、書き手によってこんなにも違ってしまうものなんですね。

【補記】

上で書いたことは、各サイトやそれぞれの記事の執筆者の方々の優劣を比較することを意図したものではありません。その点、くれぐれも誤解無きようにお願いします。

_ XP Home の寿命

以前に書いた記事 関連の話。

【特集】どうする「寿命切れ迫るWindows XP」 : IT Pro
第1回 第2回 第3回

過去の日記