落書き part-4

【 お知らせ 】

スパム対策の為、一部のIPアドレスからのコメント投稿とトラックバック受付を拒否しています。これにより "巻き添え" になられた方がいらっしゃいましたら、メールフォームより御連絡頂ければ対応させて頂きます。お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

過去の日記

2005年05月02日(月)

_ ファンコントローラ購入

(注: この記事は jfast.net で『落書き part-3』というブログを運用していた時に書いたものです)

2号機を Linux 専用機にしてちょっと困ったことが起きました。それはファンの音。Windows 2000 の時は Speed Fan というソフトで CPU や M/B の温度によって回転数を制御してファンの騒音を抑えていたのですが、Linux では当然 Speed Fan は使えずファンは常にフル回転状態。そのため、かなりの騒音をまき散らしていました。

そこで色々と検索したところ、Lm_sensors というツールを利用することでファン制御を行えるとの情報を目にしました。早速にインストールしてみたのですが、温度やファン回転数などの情報は取得できるものの、目的であるファン回転数を制御することにはあえなく失敗。

さすがに常時フル回転のファンの騒音には耐え切れず、ファンコントローラを購入してきました。

今回購入したのは、ainex という会社の FC-03U/WH という製品です。なんか聞いたことない会社名なんですが、陳列されていたファンコントローラの中で一番安い製品を選択しました。ハイ、貧乏人です(笑) ちなみに購入価格は税込で2380円也。

3つのファンをコントロール可能で、おまけとして USB ポートが2つ付いています。安価な製品なので、温度によるファン回転数の自動制御のような高尚な機能は当然無く、CPU や M/B の温度を見ながら手動で回転数を調節してやる必要がありますが、Windows 2000 で Speed Fan を利用していた時と同程度までには静かにすることが出来ました。(^_^)


過去の日記